旬月 神楽、本格的な生菓子が美しい和菓子店!教室も

旬月 神楽という和菓子屋さんが、広島市西区庚午北にあります。広島県呉市の和菓子店「蜜屋」が広島市に2012年11月に新しくオープンしたお店。旬月 神楽では、和菓子教室も月に2度行っていて、誰でも気軽に参加することが出来る

旬月 神楽という和菓子屋さんが、広島市西区庚午北にありました。ここは、広島県呉市の和菓子店「蜜屋」が広島市に2012年11月に新しくオープンしたお店。

本格的で見た目も綺麗な生菓子や焼き菓子がズラズラッと並び、店内に入るとあちこちに目を奪われます。

旬月 神楽、本格的な生菓子が美しい和菓子店!教室も
旬月神楽の和菓子、こちらは展示用

とても綺麗です。こういった見た目も繊細で美しい和菓子は個人的にも好きなため、見ているだけでもテンションが上がります。

和菓子の繊細な職人技に見惚れていると、「今日は月に1度のお振舞いの日なので、こちらをどうぞ」と、呉名物の「いが餅」を振る舞ってくれました。

いが餅 呉名物、広島市西区 神楽にてお振舞い

「お振舞い」というサービスがあるのを知らずにお店に訪れていたため、とても嬉しいサプライズ!しかも、アツアツです。

ads

月に1度、お店からの「おもてなし」も

旬月 神楽さんの店主、明神宜之さんは今年2013年の夏に広島で開催された全国菓子大博覧会で「農林水産大臣賞」を受賞。

ひろしま菓子博 工芸菓子「光」は、神楽さんの作品

ひろしま菓子博の展示会場で、一際大きなショーケースの中に展示されていたあの工芸菓子『光』をつくったのは、こちらのお店だったのだそう。菓子博で実物も拝見していましたが、すごいクオリティです。

「今日は特別に和菓子の体験も出来ますが、やってみられますか?」

“お振舞いの日”にだけ行っているサービスで、自分で和菓子を作るプチ体験が出来るというもの。せっかくなのでチャレンジしてみました。

広島市西区の旬月 神楽、和菓子体験教室

今回は、この2つの餡を使って作りました。1つはこしあん、1つは栗が入った餡です。

色の濃い餡のほうを手に取り、優しく潰して薄くのばしていき、その中にもう1つの栗の餡を入れて包んで行きます。その後 形を整えて出来上がったのがこちら。

広島 神楽、和菓子教室を体験してみた

我ながら、上出来です。

シンプルな栗の形をした可愛いこの和菓子、実際に作ってみるとなかなか楽しい。こうやって体験をしてみると、改めて和菓子職人さんの技術の高さを感じます。

ちなみに、神楽さんでは月に2回程度、和菓子教室も行っているそうですよ(要予約)。

旬月 神楽、和菓子店の店内の様子

店内で販売されている生菓子は、月ごとにデザインが変わるそうで、毎月5~6種類ずつ(+季節商品 2~3品)が店頭に並んでいるとか。今はハロウィンの時期ということもあり、

ハロウィン 和菓子も

可愛いハロウィンの和菓子もありました。

神楽 店内の様子

落ち着いた店内に並ぶ和菓子たち。

広島の和菓子店 神楽、ど楽やき

お店の看板商品は、「どらやき(ど楽やき)」と、「月の果」。この日、ど楽やきのほうはすでに売り切れでした。

旬月 神楽、月の果

こちらが「月の果」。味や食感は、クルミ餅によく似ています。

広島市の和菓子店、神楽の「月の果」

柿の形をした和菓子や

広島市 神楽、柿の和菓子

和菓子 神楽、2色の芋を使った生菓子

2色のお芋で丁寧に作られたこちらの和菓子も、上品な甘さで美味でした。

神楽、広島の和菓子店 外観

店舗の横にあるスペースでは、月に2度 和菓子教室が開催されていたり、教室がない日は購入した和菓子を頂くことができるスペースとして開放されているとのこと。

予約すれば、以下のような可愛らしいキャラクターの和菓子もオーダーすることも出来るようですよ。

和菓子 神楽、アンパンマンなどキャラクターの和菓子の注文も可能

旬月 神楽 (しゅんげつ かぐら)
住所広島県広島市西区庚午北2-11-18 (地図で確認する
時間9時30分~18時30分まで
定休日火曜日
駐車場店舗前にあり。6台分
問合せ082-208-0877
備考月に2回、和菓子教室を開催。前日までに予約で参加可能。1人1回 1000円。
月の最終土曜日は「お振舞い」の日とのこと。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 西区 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP