広島さんま祭り、気仙沼産のサンマを食べて被災地応援

東日本大震災の被災地・気仙沼産のサンマを食べて東北と九州の復興支援をするイベントが、2016年10月2日 マリーナホップ(広島市西区)にて行われます。

広島さんま祭りが、広島マリーナホップにて2016年10月2日に開催されます。

広島さんま祭り、気仙沼産のサンマを食べて被災地応援
写真はイメージ

広島さんま祭りは、宮城県気仙沼から直送される1500尾の今が旬なサンマを食べて、東北や九州の復興支援をしようというイベント

広島さんま祭り、マリーナホップで
写真は広島さんま祭りチラシより

東日本大震災から5年半が経過しますが、被災地では風評被害に今も悩まされているとのこと。会場となる広島マリーナホップのマーメイドスペース前駐車場(観覧車の横)では、新鮮な気仙沼産のサンマを炭火焼きで食べられるほか、東北・九州の物産展も実施する。

広島さんま祭りの収益金(焼サンマ300円のうち100円)は、東北と九州で被災された人のために活用されるとのこと。

時間は10時~15時までで、サンマは無くなり次第終了する。詳しくは、広島さんま祭り実行委員会(082-231-3356)まで。

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 西区 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP