オオニシ ブロイラー、駄菓子屋さんにもある手羽先パック

広島県尾道市の オオニシさんが製造・販売をする ブロイラー(若鶏の手羽)。尾道っ子のオヤツや、お酒のオツマミとして長年人気だと聞いて購入してみました。

広島県尾道市の オオニシさんが製造・販売をする
ブロイラー(若鶏の手羽)。尾道っ子のオヤツや、お酒のオツマミとして長年人気だと聞いて購入してみました。

オオニシ ブロイラーは駄菓子屋さんなどで販売されている、と聞いていましたがなんとコンビニ(ポプラ)のおつまみコーナーでも発見。

オオニシ ブロイラー、駄菓子屋さんにもある手羽先パック

[ほかにもイロイロ!地元広島の「おつまみ」ネタ]

しっかり色がついて、1つ1つ真空パックされていて1つ100円くらい。見た目からして個人的には「オヤツっぽくはないかな」と思っていましたが、実際に食べてみると「ナルホド、確かに子供たちも手軽に食べられてオヤツにもなるな」と納得しました。

ads

ドライタイプの手羽先チキン、オオニシ ブロイラー

「お手ふきがないと、手がベタベタになるかなぁ」「お皿に出して温めた方が美味しいかなぁ」などとと考えつつ、ブロイラーのパウチを開けてみると、ビーフジャーキーのようなドライな仕上がり。

オオニシ ブロイラー 尾道のソウルフード

パッケージの照り感や鶏の色からして、汁が滴るイメージでしたが最初からそのギャップにびっくりです。

かじりついてみると、これもジャーキーのように固めではありますが、醤油やガーリックの香がしっかりついてて美味しい。お酒にもぴったり。(あたためる必要なし)

オオニシ ブロイラー 尾道名物2

開けたらすぐに手にもって食べられる手軽さと1つずつ個別包装されているところが「おやつ」としても楽しめるポイントでしょうか。

駄菓子屋さんでこどもが、100円にぎりしめて“うまい棒”ではなく手羽先をレジに持っていく姿は渋めではありますが、尾道ではそれがお馴染みの光景のよう。

ハマると「複数個のパックがほしい」と思うかもしれませんが、1つ1つ大切に食べてほしい、という思いが一緒にパウチされているのかもしれませんね。

オオニシ ブロイラー 尾道名物3

株式会社オオニシ/公式

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP