尾道 こめどこ食堂、お米と発酵がテーマのオシャレおばんざいの店

発酵食品やお米に拘ったおばんざい(家庭料理)が揃う、こめどこ食堂。日本人の身体に合ったほっとする優しさのメニューが揃います。

こめどこ食堂は、尾道駅からほど近い場所に2014年9月にオープンしたお店。清潔感のある白い外観と、お米が描かれた丸い看板がトレードマーク。

尾道 こめどこ食堂、お米と発酵がテーマのおばんざいの店

こめどこ食堂は「お米」と「発酵」をテーマにしたお店で、素朴なおばんざい(家庭料理)をベースに、新しい発想を加えたメニューが揃います。

夜は、前菜からスイーツまでのコース料理(3000円)を中心とするメニュー構成となっている印象ですが、アラカルトもあり単品注文も可能。

ads

尾道の素材と、自社栽培のお米でカラダ喜ぶ優しいメニューが並ぶ「こめどこ食堂」

今回は夜の単品注文で利用してみました。席に着くと「お通し」が出てきました。酢味噌和えや塩麹漬けなど、手の込んだ小鉢セット。

尾道 こめどこ食堂、お米と発酵がテーマのおばんざいの店 つきだし

以下は尾道の地魚がのった、ベビーリーフのカルパッチョ仕立て(980円)。この日の魚(刺身)は、タコ・太刀魚がのっていました。

尾道 こめどこ食堂 カルパッチョ

蓮根と丹念納豆のはさみ揚げ(680円)は、大粒の納豆が存在感あり、大葉で後味もさっぱり。

尾道 こめどこ食堂 蓮根のはさみ揚げ

そして、地野菜の米粉味噌グラタン(680円)。取り分けにくいメニューだからか、気を利かせて1品を2名分に分けて、小さなお皿に1人ずつ提供してくれました。そのため、写真は通常の半量。

尾道 こめどこ食堂 味噌グラタン

こめどこチーズおじや(680円)は、火からおろしたてのグツグツの状態で登場。お出汁のうまみとチーズ・卵のまろやかさが身体に優しく、飲んだ後のシメにも。

尾道 こめどこ食堂 チーズおじや

この他、メニューには、チーズと豆腐の味噌漬け、塩豚と玉ねぎのとろとろ煮込み、土鍋の炊き込みごはん…などがあり、洋食メニューも「和」の印象を受けるものとなっています。

地酒のメニューも豊富で、ランチ営業もあり。カウンター席も広く作られており、ゆっくり過ごせます。

尾道 こめどこ食堂 カウンターの様子2

店内は落ち着いた雰囲気で、南側の窓際からは尾道水道を眺めることができます。JR尾道駅からも近いため、アクセスしやすいのが嬉しい。

ちなみに、1階は系列店のテイクアウトのコーヒーなどを扱うYMANEKO MILL が入っており、建物の南側の入り口が「YMANEKO MILL」、北側に「こめどこ食堂」の入口があります。

こめどこ食堂の外観

こめどこ食堂
住所 広島県尾道市東御所町5-2 2階(地図
営業時間 11時~14時、17時~22時
定休日 月曜日
電話 0848-36-5333

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP