尾道WHARF(ワーフ)、一年中牡蠣が食べられる港の「グリル&ワイン」店

JR尾道駅前のウォーターフロントビル1階に、一年中牡蠣が食べられるお店 尾道WHARF(尾道ワーフ)がオープンしました。牡蠣とワインが自慢のお店。

JR尾道駅前(広島県尾道市)のウォーターフロントビル1階に、一年中牡蠣が食べられるお店
尾道WHARF(尾道ワーフ)がオープンしました。

尾道WHARF(ワーフ)、一年中牡蠣が食べられる港の「グリル&ワイン」店

尾道WHARF(ワーフ) 外観

牡蠣といえば季節は冬が旬で、広島でも夏場に牡蠣を提供しているお店は少ない。しかし、県外から広島観光へ来る方は “広島らしさ”を求め「牡蠣が食べたい」という人も多い。

そんな方の希望を叶えられるのが 尾道WHARF(尾道ワーフ)。

オープンしてすぐに筆者が訪れたのもセミが鳴き始める暑い7月でしたが、この季節にも強い品種の牡蠣を全国から取り寄せて提供しているそう。

産地や品種が明記されていて、1粒から食べられます。

ads

お酒が欲しくなる!尾道WHARFのメニュー

店内はオシャレな感じになっていて、海も見える。

尾道WHARF(ワーフ) 店内の様子

尾道WHARF(ワーフ) 店内の様子2

尾道WHARF(ワーフ) 店内の様子3

尾道WHARFはお昼から営業をしており、今回はランチの時間帯にお邪魔しました。

あつあつポップコーン
鮮魚のカルパッチョ
採れたてイワシのオイルサーディン
牡蠣と山森わけぎのアヒージョ
イカ天タコライス
マサラダココナッツマンゴー

など、一品もののメニューが揃えられ、どれもお酒と合いそう。飲み物はワインをはじめとしてビールからチューハイ、カクテル、ノンアルコールなど。

この日に注文したのは以下▼

鮮魚のカルパッチョ(880円)
尾道WHARF(ワーフ) 鮮魚のカルパッチョ

ぷりぷり海老バケット(790円)
尾道WHARF(ワーフ) 海老バケット

温玉のせ鉄板ナポリタン(770円)
尾道WHARF(ワーフ) ナポリタン

鮮魚のカルパッチョは日替わりで、この日はスズキ。肉厚で満足感あるカルパッチョに、そのまま食べても美味しい海老バケットはスイートチリソースをつけて。鉄板ナポリタンはどこか懐かしくタバスコをかけるとまた違った味わいに。
尾道WHARF(ワーフ) 海老バケット2

尾道WHARF(ワーフ) ナポリタン2

どれも美味しく、お酒が進みそう。

基本的にはお酒と一緒に楽しむ、というメニューが多くごはんモノは少ないですが2014年8月頃からランチメニューも準備されるとのこと。

牡蠣は各テーブルにある「牡蠣専用のオーダーシート」に記入して注文。どの品種を、どういった食べ方で食べるか?が選べます。
尾道WHARF(ワーフ) 牡蠣オーダー
(取り寄せられる牡蠣は週替わり)

尾道WHARFを運営する会社「クニヒロ」が牡蠣の会社のため、ここまでこだわって提供することが可能なのだそう。

また、ワインも産地で樽詰めしてすぐさま空輸で届いたフレッシュなものを1杯500円で提供。駅が近く、同じビルにはホテルも入っているため宿泊した際などにも尾道水道のライトアップを眺めながらお酒を楽しむのもいいかもしれません。

尾道WHARF(ワーフ) 外観2

店名 尾道WHARF
住所 広島県尾道市東御所町9-11
電話 0848-38-2200
営業時間 11時30分から22時

ads


あわせて読みたい

edit 『 尾道市 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP