広島の味!小鰯(小イワシ)を指だけで簡単にさばく方法

小イワシの刺身や、小イワシの天ぷら簡単レシピと、さばき方!小イワシ(小鰯)は正式名 「カタクチイワシ」と呼ぶ魚。柔らかしい魚のため、指で簡単にさばく事ができます。さばき方は動画にて解説。

小イワシの刺身や、 小イワシの天ぷら 美味しいですよね。小イワシは正式名を「カタクチイワシ」といいます。イワシの仲間の中で一番小柄なのに味が良い!と言われている魚です。

広島県の郷土料理でもあり、広島県人は カタクチイワシより 「小イワシ」と呼ぶほうが一般的。

小鰯 (小イワシ)の刺身、レシピと さばき方!動画

小イワシは、毎年6月10日に漁が解禁されます。解禁されると、広島ではスーパーでよく見かけるので食卓にのぼることも多く、酒の肴に最高! 広島では居酒屋にも期間限定でメニューに登場します。

水揚げされたばかりの新鮮な小イワシを刺し身にして食べるのは、瀬戸内地方だけの独特な食文化なんだそうですよ。

ads

食べ方色々!瀬戸内名物 小イワシ。さばき方動画をどうぞ

身は小さいものの、新鮮な小イワシは脂が乗っていてとても美味しい。天ぷらや 刺身、マリネ など色んな料理で楽しめます。

青魚である 小イワシには、DHA(ドコサヘキサエン酸→頭がよくなる)や、EPA (エイコサペンタエン酸→サラサラ血に)などを多く含んでおり、栄養豊富。

小イワシの さばき方は、いたって簡単。包丁も不要で、指だけで3枚おろしにすることができます。

さばき方は、以下の動画でご覧下さい。


コイワシ、刺身に天ぷら・マリネなど食べ方はお好みで!

小イワシを刺身にしたら、後は醤油かポン酢をかけて頂きます。どちらでもお好みのほうでどうぞ!

ちなみに、小イワシ は漢字で「 小鰯 」 ← 魚へんに弱い、と書きます。字のとおり、凄く柔らかい魚のため、さばく時には包丁は必要ないんです。3枚におろした後に、普通の水ではなく塩水で洗ってあげると、鮮度が落ちにくいのでお試しを。

小イワシの天ぷらを作る場合は、同様に下処理をしたものに軽く塩・コショウをして天ぷら粉をつけて、高温の油で揚げるだけ!(ハラワタだけ取り除いて、そのまま骨ごと揚げても食べられます!)

天つゆで食べても美味しいですし、レモン汁をかけて食べても良し。小鰯のシーズンになったら、是非ご賞味下さい。

ads


あわせて読みたい

edit 『 瀬戸内海のおさかな 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP