バダイ って知ってる? 【 今日のおさかな 】

毎日、漁師 の取れたて お魚情報 を紹介します! 今日は コノシロ、バダイ など

実は、我が家の父は漁師さん。
というわけで、
お魚はほぼ毎日、食卓などで見るんだけど

母によって綺麗にお刺身にされていたり、
煮付けになってるので
原型をみても、名前とソレが一致しない(恥)

今日のおさかな

しかも、大きい立派な魚たちは
市場に持って行くので、あまり見たこと無い☆
漁師の娘ともあろう者が、
それじゃあマズいんじゃなかろうか・・・。

というわけで(笑)、
せっかくなので、この「食べタインジャー」でも
広島 で獲れる新鮮で美味しい 魚には
どんな種類があるのか?

どんな季節に何が獲れるのか?

などなどを、ご紹介しながら
記録していきたいと思います!(^^)!

さて! 早速ですが(^^ゞ
バダイ って知ってますか?

ads

瀬戸内海でとれる!「バダイ」というお魚 ご存知ですか?

あまり聞き慣れない名前で、正直なところ私も
知らなかったのですが、
バダイ っていうのは、このお魚のこと。

バダイ 画像

バダイ は、この黒い鯛のことだそうで、
地方によっては、「ヒゲソリダイ」 とか 「カヤカリ」 「コロダイ」
とも呼ばれるらしい。

スズキ目イサキ科の魚だそうで、
なかなかの存在感です(笑)

真鯛 画像

で、この子が マダイ( 真鯛 )。
背中のキラキラが可愛いですね。
スズキ目タイ科で、なんと40年も生きると言われているそう!
意外にも長生きなんですねー、ビックリ。

キス 画像

そして、この子が 「キス」。

スリムボディに、キラキラ!
泳ぐのもなんだか早そうです(笑)
キスは天ぷらにしたら、美味しいんですよねーー!

ちなみに、キス は漢字で書くと 「 鱚 」、
魚へんに 喜ぶ、と書いて キス なんですね。
水質汚染に弱い魚らしいので
日本には韓国から冷凍ものが多く輸入されてるようです。

私はいつも、天然の獲れたてが食べれるから
そんな事も知りませんでした!

天然モノは身が引き締まって美味しいのだ☆
この美味しいキス、
是非皆にも食べて欲しいですー!

コチ 画像

で、この子が コチ という魚。

コチは、平べったい魚なので
海底を這うように、腹ばいになって生活しているお魚。

ボディは保護色なので
その海底の土の色や、岩の色に変えることができるんだって。

腹ばいになって生活しているので
あまりお腹を見せることはないから

お腹は油断しているからか、白色なのです(笑)

もう一匹は、ソロで写真を撮るのを忘れてたんですが、
コノシロ という魚。

いわゆる、青魚の類で
コノシロの中形のものは、「コハダ」とよばれるそうです。

よく、おすし屋さんで聞きますよね、コハダって。

脂肪分が多い魚なので
濃厚なうま味があります。

私は青魚が得意じゃないのでアレですが
実は コノシロ のお刺身、漁師の間や地元オジサマ方には
大人気なのです。

新鮮なコノシロのお刺身は
お酒のおつまみに最高のようですよ♪
また、コノシロは写真が撮れた時に
紹介しますね!

ads


あわせて読みたい

edit 『 瀬戸内海のおさかな 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP