PANDY(パンディー)、世羅の小さな隠れ家的カフェ

広島県・世羅町にあるカフェ PANDY(パンディ―)は、ナチュラルなインテリアが落ち着くカフェ。地元のお米や野菜を使ったランチなどが楽しめます。

中国やまなみ街道(中国横断自動車道 尾道松江線)の世羅ICから車で10分ほどの場所、小さな商店街の中にあるカフェ「PANDY(パンディー)」。

PANDY(パンディー)、世羅の小さな隠れ家的カフェ

パンダやナチュラル系雑貨のインテリアと、木の温もりを感じる店内は心地よく、どこか懐かしい感じもするお店です。

世羅のカフェ PANDY(パンディ―)

可愛い雰囲気の中で、世羅の食材を使ったおいしいランチなどが食べられるカフェですが、初めて行く時は少しだけ迷うかもしれません。

ads

具だくさんランチと、おいしいコーヒーでゆっくり。カフェ・インテリア好きにも

PANDY(パンディー)が隠れ家のようである、という理由はその立地。入り組んだ場所ではないものの、通りの正面から見ると「笑楽家(わらや)」というお好み焼き・鉄板料理の店にしか見えません。

世羅、笑楽家(わらや)の奥にカフェ PANDY パンディー

パンディーは、笑楽家さんの奥に入っているカフェ。パンディーの入口・駐車場は建物向かって右側にあり、車や壁で隠れているため気づきにくい。

笑楽家とパンディーは運営者が同じ。その為このような作りになっているようです。お店に行く時は、パンディーを目がけて行くよりも「笑楽家」を探したほうが迷わず、お店にたどり着きやすいかもしれません。

世羅のカフェ、PANDY パンディー

パンディーの店内は、テーブルが4つとカウンター。そのどれもが木のぬくもり感じるもので、小学校で使っていた懐かしいあのイスもありました。

ランチは3種類からメインを選ぶPANDY LUNCH(900円)。メニューは週替わりだそうですが、この時は

・PANDYプレート
・白ネギとカモのクリームパスタ
・牛すじ煮込みのカレーライス

の3択。

世羅 PANDY パンディーのランチ

この日選んだ「白ネギとカモのクリームパスタ」は、濃厚クリームとやわらか鴨肉が絡んで美味。ゴロゴロっと具がしっかり入っていました。添えられたパンは世羅町内のパン屋さんサヴァーレのもの。柔らかく、パスタのクリームソースに合います。

PANDY パンディーのパスタ

ケーキセット(900円)は、ガトーショコラ、モカチーズケーキ、チーズケーキなどからチョイス。以下は紫芋のタルト(季節限定)。

カフェ パンディーのデザート

ホクホクした紫芋のタルトと、スッキリとして飲みやすいカプチーノが合っています。スイーツにはこのほか、キャラメルパフェ(600円)、あたたかいデニッシュにソフトクリームをのせたブランノワール(600円)がありました。

店内には雑貨コーナーもあり、このそばにこども用の小さなテーブル・イスもあったので、小さなお子さんを連れてお茶しに来るのもよさそう。

カフェ パンディの雑貨コーナー

また、カフェ本やナチュラル雑貨の本がズラリと本棚にあり、自由に見る事ができます。

この辺りは桜・もみじの名所 今高野山もあるので、花の季節に訪れた後にも立ち寄りたいカフェ。

世羅のカフェ pandy店内の様子

夕方閉店なので、時間にはお気を付けを。

Cafe&Bar PANDY
住所 広島県世羅郡世羅町甲山266-3(地図
営業時間 11時30分~16時(ランチは14時まで)
定休日 日・月曜日
問合せ 080-4949-1756

ads


あわせて読みたい

edit 『 世羅郡 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP