たけはら海の駅、眺めがご馳走なレストランとフェリーターミナル

竹原の海を見渡せるレストランが入った、たけはら海の駅。食事のほか、お土産コーナーやフェリー待合室などもきれいになり、観光客も利用しやすいフェリーターミナルとなりました。

2014年8月に竹原港にオープンした、たけはら海の駅。

道の駅たけはらのすぐ近くですが、こちらの1階はフェリーターミナル・2階はフリースペース・3階はレストラン「Ble Harbar(ブルーハーバー)」となっており、海辺のにぎわいスポットとして誕生しました。

たけはら海の駅、眺めがご馳走なレストランとフェリーターミナル

たけはら海の駅 外観

たけはら海の駅のレストランでは眺めの良い窓辺の席でゆっくり食事を楽しめます。

地元のシーフードを使用したイタリアンメニューのほか、竹原のブランド牛「垰下牛(たおしたぎゅう)」のローストビーフ丼など、斬新なメニューもありました。

ads

レストランではキラキラ光る瀬戸の海とごはんを楽しんで

たけはら海の駅 3階レストラン入口

たけはら海の駅3階レストランは、その高さから海が眺められるように窓際は全てカウンター席。入店の際も優先的に窓際へ案内してもらえます。

たけはら海の駅 レストラン店内の様子

たけはら海の駅 レストラン店内の様子2

天気の良い日には風にゆれる波が太陽をキラキラと反射し、遠くに見える島々をよりキレイにみせてくれます。

たけはら海の駅 レストラン店内から見る景色

ランチでは牡蠣などを使ったパスタ各種(880円)、いも・タコなどを使ったピザ各種(980円)、魚介やお肉のメインがついたごはん各種(880円)など。

以下は峠下牛ローストビーフ(1080円)。

たけはら海の駅 レストランのランチメニュー

たけはら海の駅 レストランのランチメニュー2

白いごはんの上に醤油ベースの甘辛いソースをまとったローストビーフをのせて包まれたもの。今回はお肉が80gの「黒滝山」バージョンでしたが、200gの「白滝山」、400gの「朝日山」…と肉の量が増えるごとに竹原市内の山に例えた名前が付けられ、ローストビーフがうず高く盛られるようです。

このほか、スイーツとドリンクバーの「ティーセット(550円)」やディナータイムセットもあるのでどの時間帯でも利用できます。

フェリー乗り場が真下にあるため待ち時間にものんびり過ごせそう。

フェリーの待合所もキレイに。お土産・カフェコーナーも

1階には、フェリーのチケット売り場や待合のベンチ、お土産なども置かれる売店が。

たけはら海の駅 1階フェリー待合所

たけはら海の駅 1階売店の様子

たけはら海の駅 1階売店

さらにこちらでも「竹原バーガー」やコーヒーなどがいただけるカフェコーナーもあります。

たけはら海の駅 1階のカフェコーナー

この時は冬だったので建物の外に居る人はあまりいませんでしたが、売店の外にはパラソル付きのテラス席も。

フェリーを利用する人だけでなく、竹原観光に来た人も立ち寄りやすいスポットとなりました。

たけはら海の駅
住所 広島県竹原市港町4-2-24(地図
営業時間 売店:7時~19時/レストラン:ランチ11時~14時、ティー14時~16時、ディナー17時30分~22時
駐車場 無料あり
問合せ 0846-24-6100

ads


あわせて読みたい

edit 『 竹原市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP