映画 東京家族のロケ地となった 圓妙寺(広島県・大崎上島)、住職もエキストラ出演

映画 東京家族は、広島県に浮かぶ島・大崎上島で2人暮らしをする老夫婦が、島を出て東京で暮らしている息子たちに会いに行くところからストーリーが始まります。主役となる老夫婦役には、橋爪功と吉行和子。大崎上島のロケの中で、主人公の橋爪功が妻を亡くし、島で葬儀をするシーンが圓妙寺(えんみょうじ)で撮影されました。

映画 東京家族が公開スタートしました! 東京家族は、広島県に浮かぶ島・大崎上島で2人暮らしをする老夫婦が、島を出て東京で暮らしている息子たちに会いに行くところからストーリーが始まります。

主役となる老夫婦役には、橋爪功と吉行和子が演じています。5日間に渡って撮影が行われた大崎上島のロケの中で、主人公の橋爪功が妻を亡くし、島で葬儀をするシーンが圓妙寺(えんみょうじ)で撮影されました。(映画のあらすじはこちら

映画 東京家族のロケ地となった 圓妙寺(広島県・大崎上島)、住職もエキストラ出演

圓妙寺(えんみょうじ)は、大崎上島の小高い場所に立つ浄土真宗本願寺派のお寺で、段々畑や島の風景・海などが一望できる場所で、とても気持ちのいい景色が広がります。

映画 東京家族のロケ地となった 圓妙寺(広島県・大崎上島)からの眺め

2012年5月、ここに橋爪功が演じる平山周吉の息子たちとその家族(中嶋朋子、妻夫木聡、西村雅彦、蒼井優、夏川結衣ら)や山田洋次監督、スタッフが集まって撮影が行われました。

ads

山田洋次監督 『大崎上島はわが故郷』

圓妙寺(えんみょうじ)に訪れてみると、とても手入れが行き届いていて、日当りのいい明るい場所。この時はひと気が無くとても静かだったため、中に入っていいものか分からなかったのですが、

扉を引くと、中から住職さんが「どうぞ、どうぞ」と声を掛けてくれました。

圓妙寺(広島県・大崎上島)

圓妙寺(広島県・大崎上島) 中の様子

恥ずかしながら、筆者はこれまでお寺の中に入る経験が少なく、また、まじまじと見た事もなかったため、お寺の中と外のギャップに驚きました。

圓妙寺(広島県・大崎上島) 中の様子2

「綺麗」という表現が適切かはわかりませんが、本堂に飾られている神聖なお寺の中の装飾が本当に綺麗で、また細工がとても細かく、見入ってしまいました。

圓妙寺(えんみょうじ) 本堂

「お寺は来にくいイメージがあるかもしれませんが、誰でも気軽に訪れて頂いて大丈夫なんですよ」 と優しく声を掛けて下さった圓妙寺の住職さん。

実はこの方(高浦義文 住職)も、映画 東京家族にエキストラとして出演(お経を読む声で出演)されたんだそうですよ。お寺の壁には、映画「東京家族」のポスターや、

圓妙寺(えんみょうじ) 東京家族のポスター

ロケが行われた時の写真などが貼られていました。

圓妙寺(えんみょうじ)東京家族のロケ・撮影風景

圓妙寺(えんみょうじ)東京家族のロケ・撮影風景

真ん中には色紙があり、山田洋次監督から 『大崎上島はわが故郷』 のメッセージが。

山田洋次監督 大崎上島はわが故郷

私、大崎上島の住民ではありませんが、このメッセージはものすごく嬉しい!

映画 東京家族のメガホンをとると決まったとき、山田洋次監督は“主人公が住む地は、東京との距離感が欲しかった”ため、橋の架かっていない島にしようと思われたそうで、

幾つもの島を自ら訪れて、大崎上島に決めたのだそうです。橋がかかっていない島だからこそ残っている、貴重であたたかく懐かしい風景、そして瀬戸内海の美しさに「大崎上島は日本のふるさとの原風景。この島には見飽きない美しさがある」と語り、絶賛されています。

そんな島に1662年からある歴史あるお寺・圓妙寺もまた、とても素敵な場所でした。気軽に住職に声を掛けると、ロケの撮影時のことも色々教えてくれますよ。

映画 東京家族のロケ地スポット まとめ
妻夫木聡が、大崎上島でロケに入る前に1人で島に訪れ宿泊したホテル

圓妙寺(えんみょうじ)
住所: 広島県豊田郡大崎上島町沖浦944 (場所を地図で確認
電話: 0846-63-0045
HP: 圓妙寺ホームページ / 東京家族 公式サイト

ads


あわせて読みたい

edit 『 豊田郡 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP