平均年齢80歳の女子たちが作るお土産、祇園坊柿 チョコちゃん

安芸太田町の新名物となりそうなお土産「チョコちゃん」が可愛いパッケージで販売されています。チョコちゃんは、安芸太田町の特産品・祇園坊柿にチョコレートがコーティングされているお菓子で、平均年齢80歳のおばあちゃんたちが作っています

三段峡が有名な安芸太田町で、新名物となりそうなお土産「チョコちゃん」が可愛いパッケージで販売されています。

平均年齢80歳の女子たちが作るお土産、祇園坊柿 チョコちゃん

チョコちゃんは、安芸太田町の特産品で生産量日本一の祇園坊柿にチョコレートがコーティングされているお菓子。干柿にホワイトチョコがかかった「チョコちゃんホワイト」(デザイン2種類)と、干し柿に抹茶チョコレートがコーティングされた「チョコちゃん抹茶」で、味は2種類、パッケージは3種類で販売されています。

そして、これを作っているのが平均年齢80歳のおばあちゃんたち。

「“何もない” と言われる地元を何とかしたい!」という想いから、地元の小さな工房で7人のおばあちゃんたちが作りはじめたのだそうです。素敵!

ads

モンドセレクション受賞で、おばあちゃんたちの「チョコちゃん」に光が!

そんな、おばあちゃんたちが真心こめて作っている「チョコちゃん」は、作り始めてから12年目にモンドセレクションを受賞。

安芸太田町の特産品・祇園坊柿
安芸太田町の特産品、祇園坊柿

おばあちゃんたちの「なんとかしたい」と願う地元愛と行動力が、受賞という形で評価され光があたった瞬間でした。これをキッカケに、商品も注目されるようになったようです。

現在、チョコちゃんは安芸太田町にある道の駅「来夢とごうち」で週末・土日のみ数量限定で販売されているとのこと。50グラム入り500円で、数が少ない為 購入は1人2個までとのこと。安芸太田にお出かけするときは、ぜひチェックしたい。

ads


あわせて読みたい

edit 『 山県郡 グルメ 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP