ヨコタ製菓 鮎最中、とろりとした白餡入り鮎は「毎日できたて」

鮎最中 というお菓子がかなり評判がいいらしい、という声を聞きつけて 安芸太田町へ。ヨコタ製菓には、朗らかな笑顔の店主さんと おいしい鮎最中がありました。

鮎最中 というお菓子がかなり評判がいいらしい、という声を聞きつけて 安芸太田町へ。

鮎最中を製造・販売するヨコタ製菓は たいやきの人気店 鯛焼屋よしお の斜め向いにある小さなお店。鮎最中は 加計饅頭とともにこの地の代表的なお土産ものの一つです。

ヨコタ製菓 鮎最中、とろりとした白餡入り鮎は「毎日できたて」

ヨコタ製菓は「田舎の商店」という感じで、鮎最中・加計饅頭の他、特に「おばあちゃんが好みそうなお菓子」が並んでいて 初めて訪れてもなんだかホッとする雰囲気があります。

入店してまもなく、店主のおじいちゃんが奥からでてきてステキな笑顔で迎えてくれました。お目当ての鮎最中は「ご自宅用お得パック」の6個入り525円と「お土産用手さげ」の5個入り525円(バラ売りもしてくれます)。

ads

とろり滑らかな白餡の 鮎最中

ヨコタ製菓外観

ヨコタ製菓 店内の様子

お得パックの鮎最中は記事冒頭のように透明な入れ物にそのまま入っていますが、お土産用の鮎最中は個別包装がしてあります。のどかな山と川が描かれたこの絵柄は「この辺の作家さんに絵を描いてもらったんよー」とご主人が言っておられました。

ヨコタ製菓 鮎最中 お土産用

ヨコタ製菓 鮎最中の個別包装

「生物ですから夏期は冷蔵庫で保存しお召し上がりください」という手書きの注意事項はどこかご主人の商品に対する誠実な気持ち伝わってくるような気がします。

鮎最中 パッケージ
(こちらはお徳用パックの入れ物。)

「毎日出来たて 二ひゃっぴき」というキャッチコピーもなんだかかわいい。

最中はパリっとしていて、中の白餡はとろっとして滑らかな舌触り。甘すぎないのも人気の秘密でしょうか。
ヨコタ製菓 鮎最中の画像

ヨコタ製菓 鮎最中 白餡が美味しい

「また来てくださいねぇ」と終始笑顔で話してくださるご主人とこの 鮎最中に、時々ふと会いたくなる。そんなお店でした。

そろばん 画像
(愛用のそろばん。「電卓はうまく使えんけぇ、これが一番いいんですよ」とご主人。)

ちなみにヨコタ製菓のお店の半分は 店の前にあるバス停の待合室になっていて、神楽面の写真や大蛇などもいて個性的。「街ぐるみ博物館 神楽館」というのれんがかかっていたので、お買い物の後にフラッと立ち寄ってみてもよさそうです。

ヨコタ製菓 隣の神楽

ヨコタ製菓 隣の神楽館

ヨコタ製菓
住所広島県山県郡安芸太田町大字加計3537-2[地図で確認する
営業時間6時30分頃から19時30分頃まで(2013年11月確認時点)
電話番号0826-22-0046
定休日なし
駐車場なし

ads


あわせて読みたい

edit 『 山県郡 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP