温井ダムの地下トンネル見学、天然クーラーで夏もひんやり!

温井ダム(広島県山県郡安芸太田町)は無料で地下トンネルの見学が可能!ここ温井ダムは夏でもひんやり涼しい天然クーラースポットがあります。それが地下トンネル!温井ダムは、アーチ式コンクリートダムとしては西日本一、国内でみても 黒部ダム(186m)に次いで日本で2番目の高さ(156m)を誇る、大きなダムです。

安芸太田町が「おしい!」とポスターでもPRしている温井ダム。ここには夏でもひんやり涼しい天然クーラースポットがあります。

温井ダムは、アーチ式コンクリートダムとしては西日本一、国内でみても 黒部ダム(186m)に次いで日本で2番目の高さ(156m)を誇る、大きなダムです。

温井ダムの地下トンネル見学、天然クーラーで夏もひんやり!

この温井ダムの下まで降りると、地下トンネルを無料で見学することが出来ます。このトンネルがとにかく涼しい!

また、トンネルの中にはダムに関する情報が沢山掲示されて資料館となっているので、涼しみながらダム見学が楽しめます。

見学するには、ダムの上を渡って反対側にある「温井ダム管理所」まで歩いて行きます。

温井ダム 見学、温井ダム管理所から地下に降ります

1Fには、地下へと降りるエレベーターがありますので、ここから降りてトンネルの中へと入って行きます。

温井ダム 見学、このエレベーターで地下へ

誰もいなければ、自分でボタンを押してエレベーターに乗り込めばOK!

ads

温井ダム 地下トンネル見学、中の様子 動画

温井ダム管理所のエレベーターで地下まで降りて、エレベーターの扉が開いたらそこはすでに地下トンネルの中!

温井ダム トンネルの中

気温も一気に下がって、空気もひんやり冷たくて気持ちいい。6月だと、少し寒いと感じる人もいるかもしれません。

どんどん先へ進むと、ダムに関する様々な資料が掲示されています。また、「手を叩いてみよう」と書かれた場所で手を叩くと、

温井ダム トンネルの中を見学中

0.4~0.5秒の速さでコダマが返ってきます。詳しくは、トンネル内の様子と合わせて以下の動画でご覧ください。

温井ダム 見学動画
温井ダム、地下のトンネル見学へ! 動画

トンネル見学が終わって地上に出てくると、今度はダムを下から見上げることが出来ます。

トンネルを出てすぐの所に「利水次郎」くんが立っているんですが、コレはダムの大きさを実感してもらうために作られた身長170cmのマネキンで、

温井ダム 利水次郎くん人形

ダムの中位標高放流設備ゲート(放水時に水が出てくるところ)の横にも、同じサイズのマネキンが設置されています。

利水次郎くん

分かりますか?真ん中あたりに利水次郎くんが…

温井ダム 見学中、利水次郎くんを探せ!

あれです!

次郎くんの横にあるのは放流管。170cmの人がすっぽり中に入れてしまうほどの、大きな管から水が一気に流れ出てきます。

温井ダム 利水次郎くん動画
温井ダムを下から見上げてみた 動画

ここから放水した場合、たった3秒で学校のプールが満杯になるほどの量が放水されるんだそうです。

是非とも放水シーンも見たかったのですが、放水が行われているのは毎年5月中旬から6月中旬にかけての約1ヵ月間のみ(ゴールデンウィークは除く)。

この時期は梅雨で洪水期となるため、定期的に放水を行い、万一洪水が起こった時にはその水を貯めておけるだけのスペースを準備しておくんだそうですよ。

温井ダム 広島県安芸太田町

トンネル見学は、年末年始や悪天候の日を除いた毎日 いつでも無料で見られるとのこと。天気の良い日にドライブがてら寄るのもオススメです。また、ダムカードも配布しているとのこと。

温井ダム トンネル見学
住所: 広島県山県郡安芸太田町加計1956-2(地図
管理: 温井ダム管理所
時間: 9時~16時まで(16時30分閉館)
TEL: 0826-22-1501

関連
有吉ポスターをコピー!安芸太田町も「おしいのぅ!」
安芸太田町(旧戸河内町)のマンホール
吉水園、天然記念物 モリアオガエルの産卵が間近で見られる

ads


あわせて読みたい

edit 『 山県郡 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP