山県郡安芸太田町(旧 加計町)のマンホール

広島県山県郡にかつて属していた町・加計町(かけちょう)のデザインマンホール。中央に大きく描かれているのは、天然記念物に指定されている モリアオガエル。

加計(かけ)のマンホールには、大きく中央にカエルが描かれています。加計には天然記念物に指定されている モリアオガエルが生息していることから、マンホールのモデルになっているようです。

山県郡安芸太田町(旧 加計町)のマンホール

加計はもともと山県郡に属していた町(加計町)。2004年10月1日に戸河内町筒賀村と合併して、現在は安芸太田町となっています。

合併前の加計町の「町花」はツツジだったため、マンホールに描かれているカエルが乗っている花も、ツツジではないでしょうか。かなりシンプルなデザインマンホールですが、

加計町はカエル、戸河内町はアマゴ、三和町はミミズク、広島市南区はカモメ、広島市中区(縮景園エリア)はコイなど、

あらためて見てみると意外に動物をマンホールに描いている地域って、多くありました。

ads


あわせて読みたい

edit 『 山県郡 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP