安芸太田町(旧 筒賀村)のマンホール

広島県・筒賀村(現在の安芸太田町)のデザインマンホールには、村の花と木である「ツクシシャクナゲ」や「イチョウ」滝などが描かれています。

筒賀村(つつがそん)のデザインマンホール。筒賀村はかつて山県郡にあった広島県の村で、2004年の合併で、隣接する加計町・戸河内町と一緒に「安芸太田町」になりました。

安芸太田町(旧 筒賀村)のマンホール

デザインマンホールには、筒賀村の村の木「イチョウ」と、村の花「ツクシシャクナゲ」、龍頭峡(りゅうずきょう)の杉林や2つの滝(二段滝・奥の滝)が描かれています。

筒賀村は豊富な森林資源を有していたため、115年も合併しない独立村を貫いていましたが、2004年ついに合併。

観光スポットとしては、米CNNが選出した「日本の最も美しい場所31選」の1つにも選ばれた「井仁の棚田」があります。

井仁の棚田 画像

以前は筒賀村にJR可部線が通っていたため、筒賀駅と田之尻駅がありましたが、可部線(可部-三段峡間)の廃線に伴い現在は廃駅となっています。

ads


あわせて読みたい

edit 『 山県郡 スポット 観光 』の一覧

( 記事: Mika Itoh )

ads

PAGE TOP