七草がゆは1月7日に、春の七草で1年乗り切るお腹に

1月7日は「日本のハーブ」とも呼ばれる、栄養たっぷりの7草(野菜)が入った七草がゆ。七草粥には何を入れるのか?代用できるものはないか?などをご紹介。

1月7日は、七草がゆを食べる日。寒さから、冬は畑でも作物が育ちにくい季節でもありますが
七草粥に入るものたちは「早春にいち早く芽吹く」という事から邪気を払うといわれ昔から食べられてきたもの。

七草がゆは1月7日に、春の七草で1年乗り切るお腹に

また、消化を促進したり咳やたんを鎮める成分などが含まれる事からも”理にかなっている”として今も根強く残っている習慣。七草がゆで、お正月疲れした胃を休めてあげて今年も元気に過ごしましょう!

ads

七草がゆに入れるのは7つの「日本のハーブ」

七草がゆに入るのは、「日本のハーブ」といわれる以下の7種類。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ・スズナ(カブ)・スズシロ(大根)

これらをそれぞれに手に入れるのは大変ですが、スーパーなどで7種類がセットになった「七草がゆセット」が販売されているのでこれを利用すると便利。また、microdiet.netでは

三つ葉、セリ、大根の葉、カブの葉、春菊、ほうれん草、小松菜、菜の花 と、一般的に手に入りやすいもので代用するのもOKと紹介されています。

忘年会、お正月料理、新年会…と年末からご馳走が続き、お酒を飲む機会も多く酷使し続けてきた胃にやさしい七草がゆを。普段はなかなか食べる事もなく、こういう時にしか口にしないものもあるのでイベントにのっかるのもいいかも。

お粥に七草を混ぜるだけ、簡単なので手軽に試せそうです。

春の七草でお正月モードの体をリセット!/microdiet

ads


あわせて読みたい

edit 『 雑記 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP