干し柿の作り方と、おすそ分け事件

簡単!干し柿の作り方と、おすそ分け事件。日中はまだ暖かい日が続いていますが、朝夕が肌寒くなりやっと秋らしくなりました。今年は柿が豊作のようで、ご近所からダンボールに何箱も頂きました。

日中はまだ暖かい日が続いていますが、朝夕が肌寒くなり 
やっと秋らしくなりました。今年は柿が豊作のようで、ご近所から
ダンボールに何箱も頂きました。

渋柿なので、お祖母ちゃんがせっせと皮をむいて
干し柿の準備。竹を細く割り、串を作って刺していきます。

渋柿のおすそ分け事件

秋ですねぇ・・・
ところが、この事で柿を下さった家庭でトラブルが発生!

毎年、柿の収穫は息子さんの仕事になっているのですが、
忙しくしている息子さんを気遣い、今年はお母さんが収穫した様子。

しかしその後、柿の木を見た息子さんの怒りの雄叫びが響き渡る。
鬼のような顔をして怒鳴っているのだろうと想像できるほどの
罵声を母親に浴びせているではないですか!

ads

母は知らなかった・・・柿の木のメンテナンス

いったい何事・・・?!それは、母親の収穫方法が原因でした。
息子が見た柿の木の姿が、これです。

渋柿のおすそ分け事件

すっかり痩せ細ってしまった、柿の木。
横に伸びていたはずの枝がありません!

聞くところによると、枝は上手に残しながら切ってゆき
来年を迎えるのだそうです。それを知らなかった母親は
大きく育っていた柿の木を前に、迷うことなく、手の届く範囲の枝を
バッサバッサとゴッソリ切ってしまったのでした。・・・残念。

そんな事がありましたが、渋柿たちは太陽の恵みを受けて
だいぶ柔らかくなり 甘味を蓄えているようです。

渋柿のおすそ分け事件

また一つ勉強になった事件でした。
忘れられない思い出と一緒に、いただきます! 感謝。
皆様も、木の切り方には くれぐれもお気をつけ下さいませ。

ads


あわせて読みたい

edit 『 雑記 』の一覧

( 記事: イエロー )

ads

PAGE TOP