梅雨に女の子は弱い!? 雨や梅雨時期に肩こりなど体調不良が続くワケ

雨の降る日や梅雨時期に肩こりがひどくなったり体調を崩す人が多い。これはどうしてなのか?女性は特に体調を崩しやすいってホント?

慢性的な肩こり・首こりを持つ人や、腰痛、頭痛、その他古傷を持つ人が 雨の日になるとうずくように痛くなる。特に梅雨時期なんて毎日憂鬱…。筆者をはじめ、まわりにもそんな方が沢山いて、体調の変化から予報士並みに天気を予測しちゃう人もいます。

梅雨に女の子は弱い!? 雨や梅雨時期に肩こりなど体調不良が続くワケ

雨が降る時はなぜ体調不良を起こしやすいのか?については

梅雨や雨を降らせる低気圧(正確には気圧の変化)によって交感神経の興奮が高まる。それゆえに痛みが感じやすくなる為、普段はなんともなくても、腰や膝など以前傷めたりした自身の弱点がシクシク疼くように感じてしまう

五本木肩こり研究所が解説しています。また、梅雨は雨の日と晴れの日が頻繁に入れ替わり気圧の変化が激しくなる上、太陽の光を浴びる機会も少ないため、自律神経も乱れやすく不調を訴える人が多くなる。(自律神経と太陽について)

気圧の変化が自律神経を乱れやすくさせることは男女共通のことですが、月経があるため常に女性のホルモンは変動していて、このバランスは崩れやすい。また、自律神経とホルモンバランスは密接な関係にあるため、そちらにも影響が出やすく その結果 特に女性は頭痛や肩こり、だるさ…と体調不良を起こしやすいと考えられています。

自律神経を整えるためには規則正しい生活(朝型生活)・睡眠・適度な運動で汗をかく、リラックスする…などがあります。最近は夏バテする前に梅雨バテをする人も多いとよく言われているため、これらに気を付けて

いつもより少しでも梅雨が快適に過ごせるように心がけたいものです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 雑記 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP