カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2020/11/25 Mika Itoh │更新:2021/10/16

ゆめタウン祇園が建替えで12月から仮設店舗営業へ、リニューアルは2022年以降

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島市 安佐南区 スポット 観光

広島市安佐南区の「ゆめタウン祇園」が老朽化のため建替えを行う。衣料品などを販売する3・4Fは2021年1月31日で営業終了。仮設店舗などを経て、新店舗は2022年以降のオープンを目指す。

ゆめタウン祇園(広島県広島市安佐南区西原)が、店舗の建て替えを発表した。

ゆめタウン祇園が建替えで3・4Fは1月末閉店、売り尽くしセール12月から

ゆめタウン祇園は、株式会社イズミが運営するショッピングセンターで1973年3月27日に「いづみ祇園店」としてオープン。

1980年には運営会社が「株式会社イズミ」に商号変更したことに伴い、店舗名も平仮名の「いづみ祇園店」からカタカナの「イズミ祇園店」へ変更された。

その後も、現在の「ゆめタウン祇園店」へと名前を変えながら、40年以上にわたって営業してきました。今回、建物の老朽化に伴い建て替えを行うことを決めたとのこと。

2021年1月末で3・4Fを閉店、12月からは仮店舗営業へ

ゆめタウン祇園の既存店舗は、2021年1月31日まで3・4階の「衣料品・住まい暮らしの品売場」を営業し、31日の営業終了と共に閉店

食料品や薬品売場・一部専門店などが入る1Fと2Fのフロアは、2021年2月1日からも引き続き営業が行われていましたが、

建替え工事が進み2021年11月24日~30日までは一時休業し、12月1日~は敷地内の仮設店舗にて営業を再開することが決まっています。

仮設店舗では生鮮食品やお惣菜など食品をはじめ日用品などを取り扱う。取扱い商品の継続・品ぞろえ要望については利用者の声を聞きながら可能な限り対応するとのこと。

営業時間は9時~21時。

ゆめタウン祇園、新店舗は2022年以降のオープンを目指す

ゆめタウン祇園は今後、仮設店舗での営業を経て、これまでにない新業態の店舗に生まれ変わる予定。

ゆめタウン祇園 工事中の様子
2021年4月撮影時の様子。食料品などは営業継続中。

建て替え後の新店舗は、新たなライフスタイルの中、幅広い世代のニーズに応えられる店舗として、2022年以降のオープンを目指す。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 安佐南区 スポット 観光 』の一覧

ads