カープを熱烈応援 スタンプ

公開日:2018.07.29 伊藤 みさ /最終更新日:2018.07.29

台風12号接近、広島知事が異例の緊急メッセージ発表

台風12号は2018年7月29日に最も広島を含む中国地方に接近する見込み。広島県知事は異例の緊急メッセージを発令、厳重な警戒を呼び掛けています。

気象庁によると、強い台風12号は29日4時時点では大阪市付近にあり、1時間におよそ35キロの速さで西へと進んでいます。

今後も西に進み、中国地方には7月29日朝から昼過ぎにかけて最も接近する見込みとなっています。

台風12号接近、広島知事が異例の緊急メッセージ発表
画像はイメージ

雨は29日昼過ぎにかけて猛烈な雨が降る恐れ。夕方頃まで続く見込みです。

この時期は干満の差が最も大きい「大潮」のあたり、台風が接近する時間帯や満潮の時間を中心に高潮(海面が高い状態)の恐れもあり。風は29日夜のはじめ頃にかけて非常に強くなると予想されており、暴風・高波・竜巻などに警戒が呼びかけられています。

広島県知事からの緊急メッセージ

湯崎広島県知事は異例の「台風12号に伴う緊急メッセージ」を28日に発表。

今月5日からの豪雨により、特に被災地では、ちょっとした強い雨により、避難路に泥水があふれ、また、強い風により、避難自体ができなくなることが想定されます。
降水量200mmとは、土石流などの災害が発生した場所はもちろん、被害がなかった場所でも、土砂災害や河川の氾濫、ため池の決壊が起こる恐れが十分にある雨量です。

日曜日の朝、起きたときには、風や雨により、既に避難ができなくなるような事態が発生する恐れがあります。
そのため、本日中に、できれば明るいうちに、事前に避難をしてください。
市町からの避難の勧告や指示が発令されていない場合でも命を守るために、事前に避難をしてください。ご高齢の方や障害のある方などの支援が必要な方は、事前の避難を確実に行ってください。

この度、被災された地域にお住まいの皆様はもちろん、土砂災害や河川の氾濫、ため池の決壊の恐れのある付近にお住まいの皆様は、必ず避難してください。
常に想定を超える事態が起きることを認識して、行動してください。

また、「避難勧告・指示は決して他人事ではなく、自らの事として確実な避難を」とよびかけました。

この度の台風12号は日本の南の海上を北上し東海地方に上陸、その後は西へと進路を変えて西日本を横断するというこれまでにない進み方が予想されています。

そのため、「想像を超える事態になることもあり得る」という認識をもっていた方がよさそうです。

区切り

※7月29日12時追記

台風の暴風域はなくなったが、台風を取り巻く発達した雨雲が中国地方にかかっているため引き続き雨への警戒を。竜巻や激しい突風・落雷の恐れもあり。(気象庁発表)

ads
LINEでこのページを送る
 

忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  google+  Youtube

関連ワード

ページ上部へ