カープを熱烈応援 スタンプ

公開日:2018.10.21 Mika Itoh /最終更新日:2018.10.22

かき小屋 2018-2019 オープン、広島の冬はじまる

殻付き牡蠣をバーベキュースタイルで自分で焼いて食べられる「かき小屋」が、2018-2019シーズンもオープン。旬の牡蠣や魚介を豪快に味わえます。

カキの水揚げが10月1日に解禁となり、広島で冬の風物詩となった「かき小屋」が2018~2019シーズンもスタートしました。

かき小屋 2018-2019、広島県内各地で続々オープン

かき小屋は、広島の殻付き牡蠣をバーベキュースタイルで自分で焼いてリーズナブルに食べられる事で人気のお店。

広島港前にある広島みなと公園の一角に、今年も かき小屋が10月20日にオープン。毎年10月下旬からスタートする冬季限定のお店で、牡蠣のオフシーズン(5月~10月)には「宇品BBQガーデン」として営業する。

呉市の「かき小屋」今年は営業中止へ

呉市にある かき小屋も、毎年 宇品店に続いてオープンしていますが、2018年は豪雨災害の影響で中止となってます。

かき小屋呉店は例年、呉ポートピアパークの東端で営業を行っていますが、西日本豪雨の復旧作業に伴い呉ポートピアパークが臨時休園しているため、かき小屋呉店も営業を見合わせています。

復旧作業の進行状況によっては予定が変更になる場合もあるため、詳しくは「かき小屋」のホームページでご確認下さい。

以下の動画は、牡蠣小屋(宇品店)の様子。


広島の冬の風物詩、牡蠣。旬で最高に美味しい季節ですが牡蠣は当たると怖いので、食べるときはしっかり火を通して楽しんで下さい!

ads
LINEでこのページを送る
 

忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ