忍者スタンプ

3月3日 耳祭り「耳の神様」がいる因島で開催、人形供養祭も

全国でも珍しい耳の神様「耳明さん」のいる耳明神社(広島県尾道市:大山神社 敷地内)にて、毎年3月3日「耳の日」に耳祭りを開催。この日は桃の節句であるため、人形供養祭も同時開催されます。

3月3日「耳の日」に、広島県尾道市因島にて耳祭りが開催される。大山神社の境内には、耳の神様「耳明さん」のいる耳明神社(みみごじんじゃ)があることから、毎年 耳祭りが開催されています。

3月3日 耳祭り「耳の神様」がいる因島にて開催、人形供養祭も

耳祭りは、耳の病の治癒を祈るお祭り。

「お多福耳くぐり」というお多福耳のトンネルを通り抜けて、耳の通りが良くなるように祈願したり、社殿で様々な催しが行われます。また、桃の節句であることから、人形供養祭も同時開催されます。

耳祭り&人形供養祭 スケジュール

耳祭りでは、サザエ奉納や神楽奉納、青空市、ぜんざいの振舞いも。イベントスケジュールは以下のようになっています。

3月3日は耳の日!因島・大山神社で耳祭り、ホラ貝の奉納やサザエ供養祭も

10時~16時30分頃迄 耳祭り / サザエ奉納
10時~15時30分 随時、耳明祈願(社殿)
10時~14時30分 奉納芸能(フラダンス奉納 / 神楽奉納)
16時頃~ 人形供養祭(境内)

人形供養祭では、ぬいぐるみやお人形・雛人形・五月人形などを持っていくことが可能で、初穂料の2000円~5000円 は「お気持ちでお納め下さい」とのこと。

その他の詳細については、0845-23-6000 耳明神社(大山神社境内社:尾道市土生町1424-2)までお問合わせください。

3月3日 耳の日とは?
み(3)み(3)の語呂合わせから、耳の病に気を付ける為や耳の不自由な人々に対する社会的な関心を盛り上げるために「耳の日」が制定された。ちなみに、電話の発明者グラハム・ベルの誕生日でもある。
ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2017.02.25 20:00 [writer]Mika Itoh

あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP