カープを熱烈応援 スタンプ

公開日:2018.09.14 伊藤 みさ /最終更新日:2018.09.14

尾道駅リニューアル後のテナント決定、カフェ・宿泊・レストランも

2018年度末にリニューアル・開業するJR尾道駅のテナント概要が分かりました。レンタサイクルやカフェ・ホテルも入る予定で、かなり充実した駅になりそう

JR西日本は、現在整備中の尾道駅に入る7つのテナント詳細を発表しました。尾道駅の新駅舎にはレンタサイクルやカフェ、宿泊施設が入り “新しい尾道” を表現する。

尾道駅リニューアル後のテナント決定、カフェ・宿泊・レストランも

尾道駅は2018年度末に開業予定となっており、尾道を訪れるサイクリストやせとうちエリア周遊に訪れるひと、尾道駅を通勤・通学で利用する地元のひとが行き交う新たな賑わい拠点となる事を目指して整備されます。

歴史の趣を感じられる尾道の町並みにあわせて、明治24年に開業した初代の尾道駅の趣も取り入れながら新たな駅舎へと生まれ変わります(駅舎外観イメージ)。

1階に食堂、レンタサイクル&カフェなど

尾道駅の新駅舎は2階建てで、1階部分にはコンコース・みどりの窓口・駅事務室・待合所・トイレなど駅の機能が揃います。

これに加え、コンビニのセブンイレブン ハートイン、カフェ、食堂が入り、観光案内所も改札近くに設置される。

尾道駅 新駅舎フロア・店舗構成図

1階に入るテナントの詳細は以下より。

尾道駅のカフェ BETTER BICYCLES CAFE イメージ
BETTER BICYCLES CAFE イメージ

BETTER BICYCLES CAFE
ビターバイシクルズカフェ
自転車に乗る人ものらない人も分け隔てなく集まれるレンタサイクル&カフェ。町の散策や、島の自転車観光に最適な尾道発の自転車ブランド「BETTER BICYCLES」による3タイプの自転車レンタルや、まち歩きのお供にもうれしいワンハンドフードなどを提供
食堂ミチ 昔ながらのメニューが揃う大衆食堂&酒場。店内はカウンター席をメインとしており、ちょっと寄り道して食べていきたくなる場所をつくる
ONOMICHI STAND
オノミチスタンド
尾道の活気や魅力をぎゅっとつめたお土産ショップ。1階と2階に設置される予定で、1階はクイックに買える売店。

また、尾道駅はトワイライトエクスプレス瑞風の立ち寄り観光駅にもなっており、専用出入口も設置される予定。

2階にはホステル、夜限定のバーも

2階フロアに入るテナントの詳細は、以下の通り。

尾道駅のホステルイメージ画像
㎥ HOSTELイメージ

㎥ HOSTEL
エムスリーホステル
縦に高い造りが特徴。約5mの高さを活かした室内で、最小限の空間でありながら快適さを追求。
完全個室/バンクベッドスタイルの半個室/4名まで宿泊可能なドミトリータイプ の3種から客室を選べる。ショートステイから長期滞在まで対応。(宿泊先行予約は2018年12月開始予定)
ONOMICHI STAND
オノミチスタンド
道の活気や魅力をぎゅっとつめたお土産ショップ。1階と2階に設置される予定で、2階はじっくり選べる店舗に。オリジナルグッズや尾道のお店の方と考えた限定商品もあり。
喫茶レストランNEO 尾道の喫茶文化の懐かしさを残しつつ、新たな価値観で進化させた喫茶レストラン。地元食材を使用した洋食メニューや、夜にはお酒に合わせてちょっとつまめる小皿メニューも提供。モーニングもあり。
サワーバー 喫茶レストランNEOの一角で、夜だけ営業するバー。柑橘やハーブなど、せとうちの魅力を “サワー” で表現したメニューをそろえる。

尾道駅の新駅舎の主要テナントは「ONOMICHI U2」などを運営するディスカバーリンクせとうちが運営。どことなく、コンセプトや外観に通ずるものが感じられます。

また、2階には海側に向いた展望デッキも用意される予定。

尾道駅 2階展望デッキイメージ

宿泊客はもちろん、一般利用客にも嬉しいくつろぎスペースとなりそうです。

ads
LINEでこのページを送る
 

忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ