カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/05/04 伊藤 みさ │更新:2021/05/04

広島県産はっさくレモンサワー、ゴクゴクいける爽やかさと果汁感

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • コンビニグルメ

広島県産のはっさくとレモンを掛け合わせた爽やかなお酒「広島県産はっさく&レモンサワー」が2021年4月20日に発売されました。果汁感たっぷりの、苦味をおさえたサワー!

広島県産はっさく&レモンサワーが、2021年4月20日より発売されています。

広島県産はっさくレモンサワー、ゴクゴクいける爽やかさと果汁感

広島県産はっさく&レモンサワーはJA全農より発売(JA広島果実連と共同開発)されているもので、中国エリアおよび近畿・四国・九州のセブンイレブン約6800店で先行販売。※店舗により取り扱いがない場合あり

昨今のレモンサワーブームでコンビニやスーパーにはレモンを使用したお酒が多く並びますが、「はっさく」をメインにしたお酒は意外と珍しいもの。さらに、広島県外でこういった商品が販売されているのも珍しい気がします。

果汁は10%で、少し濁りのある黄色の中身。実際に飲んでみると、想像以上に果汁感がありました。はっさくと聞くと苦味のある大人味を想像しますが、こちらは苦味が抑えられていてレモンのすっきり感がプラスされた感じでおいしい。

アルコール度数は4%で、ゴクゴク飲めてしまいます。個人的にはジュースとして販売されていてもいいのに、と思ったほど。

収穫量が減少するはっさく、日本一のレモンと掛け合わせた商品開発

はっさく(八朔)は1860年頃に広島県尾道市 因島で発見された、広島県原産の品種。

旧暦の八月朔日(ついたち)になると食べられるといわれ、その名前が付いたのだそう。江戸時代から食されてきたはっさくですが、収穫量はピーク時の約15%にまで減少しています。

一方でレモンの収穫量は広島県産が全国の約60%を占め、日本一。そんな広島レモンと、広島はっさくを掛け合わせたお酒になっています。これからの暑い季節にピッタリの爽やかな味わい。

広島県産はっさく&レモンサワー 画像

広島県産はっさく&レモンサワーは350ml入り缶で税込183円。

区切り

尾道市因島では名物「はっさく大福」や、インパクト大!の「しおなみ・はっさくソフト」、筆者おすすめのお土産もの「因島のはっさくゼリー」などはっさくを主役とする商品がたくさんあります。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 コンビニグルメ 』の一覧

ads