忍者スタンプ

佐藤浩市と吉永小百合が広島に!「北の桜守」舞台挨拶で

戦中戦後の北の大地で強く生き抜いた親子の物語「北の桜守」が全国公開前の2018年1月16・17日に、主演の吉永小百合や佐藤浩市を迎え舞台挨拶付き先行上映会を広島で開催。チケット発売中。

2018年3月10日に公開となる映画「北の桜守」を、公開前に一足早く楽しめる先行上映会が、八丁座(広島市中区)と福山市神辺文化会館(福山市)にて2018年1月16・17日に開催されます。

佐藤浩市と吉永小百合が広島に!「北の桜守」舞台挨拶で
(c)2018「北の桜守」製作委員会

この先行上映会は、出演者による舞台挨拶付き。当日は吉永小百合と佐藤浩市が来広し登壇予定となっています。

2018年1月16日
会場:八丁座
時間:18時の回
舞台挨拶:上映前
料金:2000円

2018年1月17日
会場:福山市神辺文化会館 大ホール
時間:9時半開場/10時半の回
舞台挨拶:上映終了後
料金:2000円

映画「北の桜守」ストーリー

北の桜守は、戦中戦後に北の大地を生き抜いた30年にわたる親子の物語。

北海道の北、南樺太(みなみからふと)で暮らす一家が、ソ連軍の侵攻が起こったことをキッカケに樺太を決死の思いで脱出するところから物語は始まります。

決死の思いで北海道の網走へと辿り着くも、意識を失うほどの厳しい寒さと飢餓、想像を絶する過酷な生活…そんな中を親子は懸命に生き抜いていく。

時は流れ、成長した次男・修二郎は米国で成功し、日本初のホットドックストアの日本社長として帰国。15年ぶりに網走を訪れると、そこには夫を待ち続けながら慎ましい生活を送る年老いた母・てつの姿があった。

修二郎は母を札幌へと連れ帰り、面倒をみる決意をするが、年老いた母は、戦禍によるPTSD(心的外傷後ストレス障害)の後遺症で徐々に不可解な行動が目立つようになる。

息子夫婦に迷惑をかけまいと、一人、網走に戻ろうとするてつだったが、網走の家はすでに取り壊された後で戻る場所は無くなっていた。母に寄り添いたいと思う修二郎は、母と2人で過去を辿る旅に出る。


厳しくも温かく息子に愛情を注ぐ母を吉永小百合、次男・修二郎を堺雅人が演じる。その他の出演者に、篠原涼子・岸部一徳・高島礼子・永島敏行・笑福亭鶴瓶・中村雅俊・阿部寛・佐藤浩市など。

舞台挨拶付き先行上映の鑑賞料金はいずれも2000円。チケットは、八丁座での上映分は劇場窓口にて、福山市神辺文化会館での上映分はチケットぴあなどで販売中。

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2017.12.25 08:10 [writer]Mika Itoh

あわせて読みたい

edit 『 映画ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ