カープを熱烈応援 スタンプ

公開日:2018.08.13 Mika Itoh /最終更新日:2018.08.13

宮島・包ヶ浦でサバイバルゲーム「宮島ゾンビパンデミック2018」開催

宮島ゾンビパンデミック2018が9月16日・17日に開催される。舞台は宮島・包ヶ浦。ゾンビと戦いミッションをクリアしていく“リアルアクションゲーム”です。

宮島のレジャースポット・包ヶ浦自然公園を舞台に、ゾンビから逃げながら謎解きを進めていくサバイバルゲーム「宮島ゾンビパンデミック2018」が開催される。

宮島・包ヶ浦でサバイバルゲーム「宮島ゾンビパンデミック2018」開催

宮島ゾンビパンデミック2018は“リアルアクションゲーム”で、ゲームの参加者は最大10人1チームとなり、襲い掛かるゾンビから逃げたり、隠れたり、武器やアイテムを使って戦いながら謎を解いていく。

ゲームの世界観や内容は以下のようなもの。

最初のゾンビ発生から1週間。驚異のスピードで人類は次々と感染していった。生き残った者たちは最後の望みを賭けて、自然環境研究所があるという“とある島”に集まった...。
参加者は途中で、ゾンビに襲われてゾンビウィルスに感染してしまうと、あなた自身もゾンビになってしまう。ゾンビになると今度は“人間をゾンビに感染させること”がミッションに変わります。敵が増え続け、チームのメンバーが減っていく中、生き残ったチームでどうゴールに辿り着くのか。(※ミッションの内容は変更になる場合あり)

宮島ゾンビパンデミック2018、ゾンビはみんなプロの俳優

参加者のゾンビメイクや演出は、横川のハロウィンイベント「横川ゾンビナイト」でも活躍する村上渚さんが手掛ける。

宮島でリアルアクションゲーム、ゾンビメイクは村上渚さん担当

広島のエンタメ・イベント情報

さらに、ゲームに登場する主要キャラクターやゾンビたちは、すべて訓練されたプロのアクターが登場します。よりゲームの世界観に没頭できるように、各ミッションが始まる前には彼らのプレショーの実施も予定。

激しいアクションや迫力のシーンを目の前で体感し、気持ちを高めてゲームに挑みます。

なお、ゲーム終了後は、ミッションをクリアしたチームの表彰式を開催。その後、人間もゾンビも仲良くみんなでバーベキューを楽しめるとのこと。

宮島・包ヶ浦自然公園

宮島ゾンビパンデミック2018の参加料金は、前売8500円 当日9000円。イベントは宮島・包ヶ浦自然公園にて2018年9月16日・17日の2日間開催となります。詳細は公式サイトでご確認を。

ads
LINEでこのページを送る
 

忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

ads

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  google+  Youtube

関連ワード

ページ上部へ