忍者スタンプ

8月6日 広島平和記念式典で交通規制、夜はとうろう流しも

被爆72年目となる2017年8月6日、広島市の平和記念公園では原爆被害者の霊を慰め平和を祈る「平和記念式典」が開催されます。式典の流れや当日の交通規制図、灯篭流しについて。

広島市では毎年8月6日の朝8時から、広島平和記念公園にて平和記念式典を実施。原爆死没者の霊を慰め、世界の恒久平和を祈ります。

8月6日 広島平和記念式典で交通規制、夜はとうろう流しも

式典前の7時55分からは、水を求めながら亡くなられた原爆犠牲者の方々に水を供える「献水」行事が行われます。

平和式典は8時に開式。原爆死没者名簿の奉納、式辞、献花が行われた後、原爆が投下された8時15分に平和の鐘を鳴らし、1分間の黙祷。

その後、平和宣言・放鳩・平和への誓い…と進み、約45分間の式典が行われる予定。

式典の様子は広島市HPやテレビなどでライブ中継が行われる予定。また、黙祷の時間になると広島県内の各地域でも町内放送で1分間サイレンが鳴らされます。

広島平和記念公園周辺の交通規制マップ

広島平和公園で行われる平和記念式典には遺族をはじめ、多くの方が参列。このため、当日は朝早くから平和公園周辺に交通規制がかかります。

交通規制についての詳細は以下をご確認ください。

広島平和記念式典当日の交通規制図
Photo / city.hiroshima.lg.jp クリックで詳細(pdf資料)

また平和公園周辺は歩行者専用道路となるため、路線バスなど公共交通機関も迂回するなど影響が出ます。利用予定の方はあらかじめ各社ホームページなどでご確認ください。

原爆ドーム前でとうろう流しも

鎮魂と平和への祈りに包まれるこの日は、日が暮れ始める18時頃から原爆ドーム前の元安川にて「ピースメッセージとうろう流し」が行われます。

8月6日 とうろう流しの様子

とうろう流しの灯篭に灯す火は、原爆の残り火が種火となっています。とうろうに参加者がそれぞれメッセージを書き込み、ロウソクに火を灯して願いを込めて川へと流します。

とうろう流しには毎年、沢山の方が参加し混雑するため、時間に余裕をもってお出かけを。とうろう流しの実際の様子はこちらからご覧ください。

ads
LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2017.08.04 17:35 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP