カープを熱烈応援 スタンプ

公開日:2018.03.06 伊藤 みさ /最終更新日:2018.03.22

2018 桜の開花予想はやや早め、広島は3月下旬ごろ

桜の開花予想が発表されました。ウェザーマップによると2018年は西日本を中心に例年より早めの開花となる予想で、3月末から桜前線が北上する見込み。

気象情報の提供を行うウェザーマップが、2018年の桜の開花予測を発表。寒波の波に襲われた2月までの予想よりも全国的に桜(ソメイヨシノ)の開花は早まると見られており、

桜がいち早く開花するのは高知県で3月16日の予想となっています。(奄美・沖縄地方を除いた53地点についての予想による)

2018桜開花はやや早めの予想、広島は3月下旬頃に

◆2018.3.22更新 広島で桜(ソメイヨシノ)開花宣言!

今年の冬は全国的に寒い日が続き、桜の開花予想の大きなポイントとなる休眠打破は順調に進行。

3月は暖かい日が多くなる予想ということから、西日本を中心に例年の平均よりは早い開花になると予想されています。

※休眠打破…前年夏に形成された桜の花芽が冬に休眠状態となるが、一定期間の低温にさらされると休眠から覚める。その後の気温の上昇と共に花芽が成長・開花となること。

3月末にかけて桜前線北上、北海道は4月開花へ

2018年の桜前線は大まかに、九州全域と四国南西部辺りが3月20日頃の開花で、中四国へと北上。3月末頃には関東・甲信・近畿・東海・北陸へ。4月に入り、東北、5月に向けて北海道へと向かう見込み。


それぞれ、開花日より5~7日前後で満開日を迎える予想となっています(wether map 2018年3月5日発表)。広島県は3月23日となっており、2017年の開花(3月27日)よりも4日早い予想。

ここで発表されている広島の開花予想は広島市中心部のもの。広島県内では沿岸部と北部の気温差があるので、県北部では半月ほど見ごろ時期が異なります。

また、沿岸部でも宮島の桜は日の当たり具合により比較的遅い時期に見ごろを迎えるなど、それぞれに時期が異なるため、

開花状況は毎年駅に貼りだされる「桜だより」などで最新情報をチェックしながらお花見を計画するとよさそうです。春本番に向けて、寒い日・暖かい日を繰り返すため体調管理にもご注意を。

【広島の桜 一覧】 広島県の人気お花見スポット&ランキング
◆2018.3.22更新 広島で桜(ソメイヨシノ)開花宣言!

ads
LINEでこのページを送る
 

忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

ads

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  google+  Youtube

関連ワード

ページ上部へ