カープを熱烈応援 スタンプ

公開日:2017.12.31 Mika Itoh /最終更新日:2017.12.31

2018年の恵方は「南南東」その方角の部屋も磨けば、運気UP!

その年の神様・年神様(歳徳神)がいる方角「恵方」。2018年の方角は南南東となっています。恵方巻を食べる時のほか「恵方」はこんな時にも重要視されています。

陰陽道(おんようどう)では、その年の福徳を司る神・歳徳神(としとくじん)が毎年場所を変えながら存在していると考えられ、この神のいる方角を「恵方」と呼んでいます。

2016年の恵方は南南東、年の初めに知っておくと便利なアレコレ

2018年の恵方は、南南東。恵方は「たたり神」が巡ってこない方角とも言われており、“万事に吉”。

節分に食べる恵方巻きをこの方角に向かって食べると良い、と言う話はよく聞くと思われますが、実はその他でも「恵方」はいろんな場面でチェックされています。

恵方にあたる部屋はピカピカに!

年末年始の大掃除では、普段 手を入れない場所まで綺麗にお掃除されていると思いますが、実は 年始に特に綺麗にしておいてほしいのが、その年の恵方に当たるお部屋。

お正月には、どの家庭にも歳神様(年神様:歳徳神のこと)がやってくるため、家の中心から見て恵方(2018年なら南南東)に当たる部屋を、特に清潔にしておくと吉!と言われています。

お正月に飾る門松やしめ飾り・鏡餅などの正月飾りは、この歳神様をお迎えするために飾られるもので、歳神様がいる期間(地方によって異なりますが一般的には元旦から7日間)のことを「松の内」と呼びます。

初詣や「とんど」の着火位置にも恵方

初詣は、氏神神社(自分が住む地域を守ってくれている神様を祀る地元の神社)で行うのが一般的ですが、自分が住む場所から見て「恵方」に位置する神社にお参りするのも良いと言われています。

とんどの火も恵方に向かって着火

このほか、1年の無病息災を願ったり返納された破魔矢など、縁起物をお炊き上げする「とんど」の着火も恵方に向かって行う神社もあります。(参考:護国神社のとんど)

ads
LINEでこのページを送る
 

忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 雑記 』の一覧

ads

ページ上部へ