レストハウス(広島平和記念公園内)

広島県の広島平和公園にある観光案内所、レストハウス。原爆投下により地下室を除いて全焼しましたが、戦後補修されて現在も同じ形で残っています。原爆ドームのすぐ側。

広島平和公園内にあるレストハウス(観光地の休憩所)は、昭和4年に大阪の大正屋呉服店が建設した建物。当時としては珍しくモダンで、土足のまま上がれる構造になっていました。

レストハウス

昭和18年に繊維統制令により呉服店は閉鎖。その後 広島県燃料配給統制組合となりますが、爆心地から170mという至近距離で被爆。

地下室を除いて全焼するも、建物としての基本的な形態は残っていました。

戦後は補修され燃料会館として使用されていましたが、昭和57年より「広島平和公園レストハウス」として生まれ変わっています。

レストハウスの1Fには、観光案内所やお土産を扱う売店や休憩スペース。2Fは事務所、3Fは会議室となっています。地下室は被爆当時の姿を残しており、事前予約で見学も可能。

広島平和公園レストハウス 施設概要

広島平和公園レストハウス 施設概要

住所 広島市中区中島町1番1号
電話番号 082-247-6738
営業時間 3月〜7月 8:30〜18:00
8月 8:30〜19:00
(ただし、8月5日は8:30〜20:00、8月6日は7:30〜20:00)
9月〜11月 8:30〜18:00
12月〜2月 8:30〜17:00
備考 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2017.08.17 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード

ページ上部へ