忍者スタンプ

ダンボール遊園地がリニューアル、子供に嬉しい室内遊具がスケールアップ!

2018年2月1日に、国営備北丘陵公園(広島県庄原市)にある室内遊具「ダンボール遊園地」がリニューアルオープン。人気の遊具がスケールアップしたり、新アイテムも登場する。

庄原市にある備北丘陵公園のダンボール遊園地が2018年2月1日に新アイテム追加しリニューアルオープンする。

ダンボール遊園地とは、ダンボールで作られた遊具「ダンボールめいろ(迷路)」を導入後にアイテムを増やし子どもたちが室内で遊べるようにした遊具エリアのこと。

ダンボール遊園地がリニューアル、こどもに人気アイテムがスケールアップ!

転んだりぶつかっても痛みが少なく、どこか温かみもある。さらに、空調のきいた室内にあるため、寒い季節や雨の日なども気にすることなく遊べる。

リニューアルするダンボール遊園地には、新たに「海賊要塞」「ダンボールダンジョン」が加わり、これまでも人気のあった「お山のすべり台」がサイズアップして登場。

ダンボール遊園地 お山のすべり台
画像はお山のすべり台(リニューアル前のもの)

大人もちょっと遊んでみたくなるダンボール遊具ですが、対象年齢は3歳~12歳とのこと。また「木のおもちゃコーナー」も併設されています。

ダンボール遊園地リニューアル作業のため、前日の1月31日は終日利用中止となっていますのでお気をつけください。利用は無料ですが、備北丘陵公園への入園料が必要。

備北丘陵公園のダンボール遊園地、室内の様子

LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2018.01.28 11:25 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 庄原市 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ