カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/04/09 伊藤 みさ │更新:2021/04/09

アルパーク 全面改装オープン!東棟に約40店舗新規開業・総数160店舗へ

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島市 西区 スポット 観光

アルパークが全面改装を発表。西棟(天満屋アルパーク店跡)には新たに約40店舗が新規オープン、東棟は既存テナントの営業も続けながら2023年春リニューアルオープンに向け順次進められる

広島市西区のショッピングセンター、アルパーク(ALPARK)を運営する大和ハウス工業株式会社が2023年春オープンに向けて全面改装することを発表しました。

アルパーク 全面改装オープン!東棟に約40店舗新規開業・総数160店舗へ
画像上:リニューアルイメージ / 左下:東棟 / 右下:西棟 写真はいずれも過去撮影したもの。

アルパーク(ALPARK)は1990年に三井不動産(株)が開業した地域密着型の複合商業施設。

2019年5月に大和ハウス工業がアルパークの西棟・東棟を取得し、大和ハウスグループの大和情報サービスが運営を開始しました。

今回発表された大規模リニューアルは、築30年を経過・老朽化した設備や内装更新を含むもの。

「日常生活への密着」を施設コンセプトとし、30代~40代のファミリー層をメインに、すべての世代のデイリーユーザーにも利用しやすく楽しめるものへと変身する。

西棟(旧天満屋アルパーク店跡)に約40店舗新規開業

アルパーク全面改装は西棟・東棟のどちらも対象としていますが、天満屋アルパーク店が入っていた「西棟」は店舗面積を縮小し2022年春リニューアルオープンの予定。

西棟では生活雑貨やファッション、カフェ、フードコート、スーパーマーケットなど約40店舗が新規開業する予定。

駐車場は969台。

東棟は営業を続けながら順次リニューアル

現在、テナントが入り営業を続けている東棟は2021年末から店舗面積はほぼそのままに順次リニューアルオープン。

既存店も含めて、総店舗数は約160店舗にもなるという。

東棟は2021年4月現在、地下1階が改装中。このほか閉店したテナントもありますが、レストランやカフェといった飲食店舗をはじめ 旅行会社・携帯電話各社・雑貨・ファッション・フィットネス・歯科・検診クリニックなどは営業中。

駐車場は887台。

東棟は営業を続けながらリニューアルを行い、全面リニューアルオープンは2023年春の予定としています。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
   


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 西区 スポット 観光 』の一覧

ads