依田神社(よだじんじゃ)廿日市市

兵学、刀槍の指南役だった依田伴蔵を祀った依田神社(よだじんじゃ)。地元学生の手によって、歴史の重みを残しながら新たな姿に生まれ変わらせています

依田神社(よだ じんじゃ)は、廿日市市・宮浜温泉の山手にある小さな神社。依田伴蔵の没後100年を機に昭和41年に地元の有志が建て、依田伴蔵を神として祀っています。

依田神社(よだじんじゃ) 写真なし

依田伴蔵は兵学及び刀槍の指南役であったことから、現在 居合道の社(いあいどうのやしろ)とされ祀られています。時が経つにつれて傷みが激しくなっていましたが、2016年7月に没後150年を迎える事から修繕が行われました。

依田神社の修繕を担当したのは、廿日市大野にある宮島工業高校建築科の生徒たち。その出来栄えは建築家の卵たちが作ったとは思えないほど綺麗。

元の依田神社に使用されていた木を新しいものにし、元のつくりをうまく取り入れながら新しい社に。歴史の重みを残しながら、新たな姿に生まれ変わっています。

依田神社近くには吉田松陰が名付けたとして今にも伝わる「三県一望の地」があり、霞がかっていない日は安芸の島々、周防大島、遠く伊予の山々が一望できるスポットとなっています。

依田神社(よだじんじゃ)

所在地 広島県廿日市市大野
備考 この付近には残念社(ざんねんしゃ)がある
関連 広島県の神社仏閣
廿日市市(旧大野町)に関する記事
周辺 廿日市市グルメ / 廿日市市スポット / 周辺おでかけマップ

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2021.03.11 [writer]伊藤 みさ


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード