久井稲生神社(くいいなりじんじゃ)

広島県三原市久井町に位置する久井稲生神社(くいいなりじんじゃ)は、「はだか祭り」で有名な神社。

久井稲生神社は、三原市久井町江木にある神社。

久井01

伏見稲荷大社の分霊としては最も古いものになります。

久井02

戦国時代に西国を統一した毛利元就は、神仏への崇敬の念が厚く1575年に本殿を造営、3年後には元就の三男小早川隆景によって、社殿が造営される。

久井03

久井04

久井稲生神社は、毎年2月の第三土曜日に行われる「はだか祭り」が有名で、広島県内では唯一のはだか祭りです。

久井05

久井06

はだか祭りの前の神事「御福開祭」が本殿内で行われ、その後「陰(赤)」と「陽(白)」二本の御福木が投下され、奪い合います。

久井稲生神社(くいいなりじんじゃ)について

久井07

住所 広島県三原市久井町江木1-1
駐車場 無料(100台)
電話番号 0847-32-6029
備考 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2018.05.20 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード

ページ上部へ