いろは丸展示館

いろは丸展示館は、広島県福山市鞆町にあり、鞆の沖に沈んでいる「いろは丸」の足跡をたどるために作られた資料館である。

いろは丸展示館は、坂本龍馬が乗っていた「いろは丸」の歴史や、龍馬と鞆の浦の関係などを紹介した施設。

いろは丸01

いろは丸展示館の建物は、江戸期の蔵をそのまま利用したもので、鞆の町では「大蔵」と呼ばれています。展示物はもちろん、大蔵の造りも見どころの1つとなっています。

この展示館の横には、鞆の浦のシンボルである「常夜灯」がたっています。

鞆の浦に今も沈んでいる、いろは丸

いろは丸02

江戸時代末期、坂本龍馬が「いろは丸」という船で海運業務を行っていた際、瀬戸内海で紀州藩の軍艦に衝突され、いろは丸は積み荷とともに沈没。

いろは丸03

事故現場から一番近くて大きい港が「鞆の浦」だったことから、この地で事故の損害賠償交渉を行なったと言われています。

今も鞆の浦に沈んでいる いろは丸を「鞆を愛する会」が調査したことをキッカケに、いろは丸展示館が誕生しました。

いろは丸展示館の2Fは、龍馬の隠れ部屋を再現

ちなみに、いろは丸展示館の2階を、龍馬が鞆に滞在した際に隠れていた「龍馬の隠れ部屋」を、そっくりに再現。

いろは丸04

隠れ部屋には龍馬人形が置かれており、

いろは丸05

人気のフォトスポットとなっています。

いろは丸展示館について

住所 広島県福山市鞆町鞆843-1
入館料 小学生以上200円
駐車場 無し。有料市営駐車場
電話番号 084-982-1681
休館日 年末年始(12月28日~1月1日)
備考 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット

※内容は執筆時のもの。確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2018.05.24 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード

ページ上部へ