JR宮島フェリー ななうら丸を新造船、2016年から投入

宮島と宮島口をむすぶ宮島フェリーの一番古い船、ななうら丸が2016年11月に新しくなって投入される事がわかりました。新ななうら丸の詳細をご紹介。

JR西日本宮島フェリーが、2016年11月上旬から新しいフェリー船「ななうら丸」を投入すると発表しました。

JR宮島フェリー ななうら丸を新造船、2016年から投入

2015年7月現在、JR宮島フェリー(宮島口⇔宮島桟橋)では、 ななうら丸/みせん丸/みやじま丸 が使用され活躍していますが、その中でも最も古いのが「ななうら丸」。

1987年に就航してからこれまで28年間、宮島を訪れる人の足として活躍してきた「ななうら丸」ですが、2016年から新たに代替船が動き始めます。

新しくなった「ななうら丸」は、バリアフリー化・安全性と環境性能を向上させ、船の前後に操縦装置を持っています。

ads

新ななうら丸の船内は、広々バリアフリー

新しく建造される「ななうら丸」は、他のフェリーと同じく3階建て。1階は車やバイクなどが乗り込む車両甲板、2階はガラス張りの室内でどの季節も快適に過ごせる遊歩甲板、そして3階は海の風を感じる事ができる航海甲板となっています。

JR宮島フェリー 新・ななうら丸 イメージ

意外と知られていない1階の客室も明るく、バリアフリートイレもスタイリッシュに。
JR宮島フェリー 新・ななうら丸 1階イメージ

2階の客室はホテルのラウンジのような広々とした空間にイスが並べられて、既存のものより少し豪華なイメージでしょうか。
JR宮島フェリー 新・ななうら丸 2階イメージ

JR宮島フェリーは、厳島神社の大鳥居に接近する航路をとるため、観光客にも人気がある。フェリーが新しくなれば、旅も益々快適になりそうです。

JR宮島フェリー 現在のななうら丸
(現在のななうら丸)

2016年新ななうら丸の就航の後は2019年の完成をめざし、フェリー乗り場も埋め立て中。こちらも数年後には新たな風景に変わりそうです。

ads


あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP