ホルモン焼肉 ぶち、レトロな店内でぷりぷりホルモン

ホルモンが気軽に食べられる広島の焼肉チェーン「ホルモン焼肉 ぶち」。特製タレが絡んだホルモンをぷりっぷりに焼いて食べれば、ごはんやお酒が止まりません。

広島県内にたくさんの店舗を持つ焼肉店、ぶち。店名になっている「ぶち」は広島弁で「とても」とか「すごく」という意味。“ホルモンはぶち旨い!”というCMが広島県内では流れている事も。

ホルモン焼肉 ぶち、レトロな店内でぷりぷりホルモン

レトロな雰囲気のお店の中は、それぞれのテーブルに七輪が用意されていて炭火で焼いて食べることができます。

ホルモンとは内臓肉の事。脂がプリプリのったホルモンの代表的なお肉・小腸のほか、あまり聞き慣れない部位も多いですが、いろんな味を少しずつ試せる「盛り合わせ」もあるため、ホルモン初心者も挑戦しやすそうです。

ads

自分好みのホルモンを探してみる

ホルモン焼肉 ぶち 店舗外観
ぶち舟入店の外観

ホルモン焼肉 ぶち 店内の様子
レトロな雰囲気の店内

ぶちのメニューは、特選ホルモン(680円)、漬けシマチョウ(580円)のほか、レバー、ハツ、ハチノス、センマイ、ギアラ…とそれぞれ1皿500円前後。少しずつ沢山食べたい人もうれしいハーフサイズもあります。

お肉をよく焼いていくと脂身がぷっくりと膨らんで、外はカリっと中はジューシー。ご飯(お酒)がとまりません。

ホルモン焼肉 ぶち 特選ホルモン
特選ホルモン

ホルモン焼肉 ぶち 特選ホルモン2

メニューを見てもよく分からない…という場合は「ホルモン9品盛り合わせ(2人前1680円)」から試してみると良さそう。9つの部位が味見できる少しずつの量で運ばれて来ます。それぞれ食感や味の違いも分かりやすく、楽しみながら食べられます。

ホルモン焼肉 ぶち ホルモン盛り合わせ

全体的に味付けもされていたためか、クセもなく食べやすかったのが印象的。

また、他県ではあまり食べられていないと言われる広島人の定番人気メニュー「コウネ(牛の前足の脇から胸あたりの肉。「前バラ」)」も是非チェック!希少部位のためか、すぐに品切れになってしまうようです。

このほか、カルビ・タンなどの定番の部位も揃っていました。

ホルモン焼肉 ぶち その他のメニュー

ホルモン焼肉 ぶち その他のメニュー2

広島菜のキムチや瀬戸内レモンを使用した飲み物やデザートもあり、広島らしさを感じられるところも。

今回訪れたのは広島市中区舟入にある ぶち舟入店。この他にも並木店・流川店・皆実町店など広島市中心部、呉市・福山市、そして東京などにも店舗があるとのこと。

ホルモン焼肉 ぶち 外観写真2

ホルモン焼肉 ぶち舟入店
住所 広島県広島市中区舟入川口町13-33
営業時間 17時から24時
定休日 12月31日 22時終了・1月1日
電話 082-532-0007

ads


あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 グルメ 』の一覧

( 記事: 伊藤 みさ )

ads

PAGE TOP