忍者スタンプ

ポピーにユリ・カキツバタ、丘陵公園で初夏の花々、艶やかに

「初夏の花物語」2017年5月20日から7月9日まで備北丘陵公園にて開催されています。ユリ・ポピー・カキツバタ・アジサイ…と初夏の花々が次々と見ごろを迎える。6月からはほたる鑑賞会も

国営備北丘陵公園(庄原市三日市町4-10)にて、2017年5月20日から7月9日まで「初夏の花物語」が開催中。

夏を思わせる太陽の光をたっぷりと受け、園内の花々が続々と見ごろを迎えています。

ポピーにユリ・カキツバタ、丘陵公園で初夏の花々、艶やかに

備北丘陵公園 園内の草花の生育状況を知らせる「びほく花だより」によると、5月25日時点では

一面の花畑にカラフルに咲く「ポピー」「パンジー」「キンセンカ」、里山の暮らしを再現したエリアに「スイレン」「カキツバタ」…とそれぞれのエリアにて見ごろへ。

備北丘陵公園は植えられている花の種類も多いですが、それぞれ規模が大きいため見応え十分!(例:シャーレーポピー12万本 など)

春は赤やピンク・黄色・白…といった明るい色の花が多く咲く印象ですが、梅雨がはじまる6月に向けて紫や青色が目立つ ハナショウブやアジサイの花が咲き始めて季節の移ろいを目で楽しめます。

園内では花のほか、アスレチックもあるのでこどもたちは1日中遊べる広さ!室内には「ダンボール遊園地」も常時設置されているので、雨が降っても楽しめます。

6月に入ると、ほたる鑑賞会(6月10・11日)、中国地方最大級のカブトムシドーム(6月17日~8月中旬)も始まります!初夏ならではの花や遊びを楽しんで。花々の開花状況は丘陵公園ホームページにてご確認ください。

LINEでこのページを送る

カープを熱烈応援 スタンプ

2017.05.29 19:00 [writer]伊藤 みさ

あわせて読みたい

edit 『 庄原市 スポット 観光 』の一覧

ads

PAGE TOP