国営備北丘陵公園

国営備北丘陵公園は、広島県庄原市にある中国地方唯一の国営公園。 国土交通省中国地方整備局が整備し1995年4月に開園。広大な敷地が8つのエリアで造られており、四季折々に季節を体感できるイベントも。

備北丘陵公園は、広島県庄原市にある国営公園。

自然豊かで広大な敷地を「中の広場」「ひばの里」「花の広場」「大芝生広場」「つどいの里」「みのりの里」「いこいの森」「備北オートビレッジ」という8個のエリアで構成しています。

国営備北丘陵公園 キャンプやアスレチック・カヌー・宿泊も

備北丘陵公園内にある各エリアでは、アスレチックやキャンプ場などの「遊び」や、展示施設などの「学び」、体験工房やカナディアンカヌーなどのアクティビティ、宿泊など、

それぞれ異なるテーマの施設があり、1日ではとても回り切れない広さを誇ります。また季節ごとに様々なイベントが行われており、1年を通して楽しむことが出来ます。

中国自動車道は、備北丘陵公園や国兼池を跨ぐように通っており、備北丘陵公園の敷地内に渡されている高速道の高架は約3kmにも及んでいます。

国兼池(くにかねいけ)

国営備北丘陵公園は、南北に長く広がる広大な敷地を持っており、北側の中央部分には国兼池(くにかねいけ)という広島県内最大の溜め池があります。

備北丘陵公園 国兼池(くにかねいけ)

農林水産省によると、この国兼池(くにかねいけ)は庄原市の農業用水源として江戸時代・正保3年(1646年)造られたもの。現在は、国営備北丘陵公園の一角に取り込まれていますが、

備北丘陵公園 国兼池と、つどい橋

地域の農業用水源としての役割はそのままに、フィッシングなどが楽しめる水辺空間としても活用されています。

中の広場

備北丘陵公園の中央に位置している「中入口」のゲートをくぐった場所にあるのが、「中の広場」。毎年冬に開催されるウィンターイルミネーション「備北イルミ」ではメイン会場となります。

国営備北丘陵公園01
イルミネーション

イルミネーションが最も華やかに飾り付けられているこの場所は「棚田」になっています。

国営備北丘陵公園02

なお「中の広場」の周りには、ビジターセンターや、長屋風の食堂「中の茶屋」、売店、

備北丘陵公園、中の茶屋

「中入口サイクリングセンター」があり、自転車レンタルが可能。※季節によって営業が異なるため確認を。

国営備北丘陵公園 中入口サイクリングセンター
中入口サイクリングセンター

なお、園内で自転車レンタルが可能なのは、この他に「北入口サイクリングセンター」があります。

思いやり号(季節限定)

備北丘陵公園、思いやり号

「中の広場」には思いやり号の乗り場があり、夏休み期間中には

中の広場
  ↑↓
【 湖畔レストハウス(大芝生広場)】

の区間を思いやり号が行き来しており、無料で利用することが出来ます。なお、季節によってルートが変わる場合あり。

ひばの里

国営備北丘陵公園 ひばの里

ひばの里は、中国山地の懐かしい「ふるさとの風景」の中で、里山の暮らしを体験できるエリア。

農家(体験教室)

農家の中では、そば打ち・わら細工などの体験ができます。

備北丘陵公園、ひばの里 農家

また、農家の前には畑もあり、稲作などが行われています。

備北丘陵公園、ひばの里 畑で稲作も

さとやま展示館

さとやま展示館では、中国山地の伝統文化の紹介や写真展などが開催されています(※期間は要確認)。

備北丘陵公園、ひばの里 さとやま展示館

神楽殿

イベント時などに、この神楽殿で神楽が披露されます。また、神楽殿には藁で作られた2体の龍「わら龍」が飾り付けられています。

備北丘陵公園、ひばの里「神楽殿」

備北丘陵公園、ひばの里「神楽殿の藁龍」
写真は「わら龍」の頭

やきもの工房(体験教室)

やきもの工房では、草木染や陶芸などの体験教室を期間限定開催。

備北丘陵公園、ひばの里「やきもの工房」

古代たたら工房(体験教室)

古代たたら工房では、島根県奥出雲地方に伝わる伝統的な鉄づくり技法「古代たたら鉄づくり」の体験教室が開催されます。

備北丘陵公園、ひばの里「古代たたら工房」

さとやま屋敷

さとやま屋敷は、備北エリアの代表的なお屋敷を模して造られたもの。けん玉やお手玉などの懐かしいオモチャや、かまど・囲炉裏なども。母屋・長屋門・土蔵・納屋・離れなどがあり、自由に見学したり休憩することができる。

備北丘陵公園、ひばの里「さとやま屋敷」

木の工房(体験教室)

木の工房では、週末を中心に木工体験ができます。大人も楽しめ、子供は夏休みの自由研究などにも良さそうです。

国営備北丘陵公園04

アジサイ園

ひばの里エリアには、6月中旬頃~7月上旬まで100種類1万株が楽しめるアジサイ園があります。

国営備北丘陵公園 アジサイ園

花の広場

国営備北丘陵公園 花の広場 コスモス
※リニューアル前(花の広場と展望台)

花の広場は、総面積1.5ヘクタールの花畑。春にはチューリップ・アイスランドポピー、秋にはコスモス等々、季節ごとに姿を変える色鮮やかな花畑となっています。

国営備北丘陵公園 花の広場 チューリップ
リニューアル後(花の広場と展望台)

また、花の広場にある「はなの展望台」は2018年にリニューアルしています。

大芝生広場

8ヘクタールの広大な敷地に、美しい緑が広がる芝生広場。ここには大型遊具「きゅうの丘」や、ちびっ子ゲレンデ、ビックリシャワーなどがあり、子供たちが何時間でも遊びたくなる遊び場となっています。

また、芝生の観客席に2万人を収容可能な「野外ステージ」もあり。

国営備北丘陵公園 大芝生広場

大型複合遊具「きゅうの丘」

「きゅうの丘」は大型複合遊具のある丘。ローラー滑り台など色んな遊具が合体した巨大な遊び場です。遊具のそばには夏季限定「ビックリシャワー」もあり。

備北丘陵公園、大芝生広場の大型遊具「きゅうの丘」

国営備北丘陵公園 びっくりシャワー

ちびっ子ゲレンデ

ちびっ子ゲレンデは、ソリに乗って芝生すべりで遊べるスポット。専用につくられた人工芝の斜面は、50メートルもあります。専用ソリの無料貸出あり。

国営備北丘陵公園 ちびっ子ゲレンデ

林間アスレチック

緑に囲まれた「林間アスレチック」は、小高い丘に沢山のアスレチック施設がつくられています。

国営備北丘陵公園 林間アスレチック

また「花の広場」と「大芝生広場」の間には、食事や休憩ができる湖畔レストハウス(営業日要確認)があります。眼下に国兼池が見下ろせます。

つどいの里

つどいの里は、国兼池の南側にある、豊かな自然がいっぱいのエリア。本格的なグラウンドゴルフコースやクラブハウス、空想冒険遊具「きゅうの森」、キャッチボールなど自由に楽しめる「スポーツ広場」も。

また、つどいの里には1000本の桜の木が植えられているので、春には一帯が華やかなピンク色に。

国営備北丘陵公園 つどいの里

空想冒険遊具「きゅうの森」

国営備北丘陵公園 つどいの里 遊具「きゅうの森」

空想冒険遊具のほか、グラウンド・ゴルフの本格的なコースやクラブハウス、キャッチボール(貸出あり)などが楽しめるスポーツ広場、千本の桜並木などもあり。

グラウンドゴルフコース

国営備北丘陵公園 つどいの里「グラウンドゴルフコース」
グラウンドゴルフコース / @bihokupark

年齢を問わず初心者でも簡単に楽しめるすスポーツ「グラウンド・ゴルフ」。木製の専用クラブでボールを打って、ホールポストに入れるまでの打数(少なさ)を競います。クラブハウスで用具の貸出あり。1年中楽しめますが、利用時間は季節によって日没時間が違うため、開園時間にあわせて変動する。

さくら展望台(※現在使用中止)

国営備北丘陵公園 つどいの里「さくら展望台」

「つどいの里」エリアには1000本の桜の木が植えられており、この「さくら展望台」からは桜の風景が俯瞰で楽しめる。

※現在は老朽化のため立入禁止となっており再開日は未定とのこと。

みのりの里

みのりの里は、国兼池の北側に位置するエリアで、備北丘陵公園北入口から入るとすぐの場所。バーベキューコーナーや、湖畔広場、サイクリングセンター、スイセンガーデンなどがあるほか、備北丘陵公園内の無料ゾーンとして開放されている「里山の駅 庄原ふらり」などがある。

里山の駅 庄原ふらり

里山の駅 庄原ふらりは、「エントランスセンター国兼(くにかね)」内の施設を中心とした備北丘陵公園の無料ゾーン。

国営備北丘陵公園 里山の駅 庄原ふらり「エントランスセンター国兼」
エントランスセンター国兼

エントランスセンター国兼内には、レストランやオープンスペース(休憩施設)、わいわいランド、観光情報が得られるコーナー、トイレなど。

国営備北丘陵公園 みのりの里
わいわいランド(※内容は変更の場合あり)

エントランスセンター国兼の周辺には、国兼池を一望できる「湖畔広場」も。この無料エリアでは、季節ごとにマルシェやイベントなども行われています。

このほか第5駐車場、その横に約1650㎡の広さを持つ「ドッグラン」があり。ドッグランには、スラロームトンネルなど犬が楽しめる障害物や、水道・バケツ・飲み皿などの設備もあります。

スイセンガーデン

みのりの里にある「スイセンガーデン」では、春になると700品種のスイセンが美しく咲き誇ります。毎年、3月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎えています。

国営備北丘陵公園 スイセンガーデン

4月頃には、白い花も楽しめる「なし園」もあり。

いこいの森

備北丘陵公園の一番南側に位置する森で、公園内で最も起伏に富んだ地形を有しています。自然に親しみ 自然を学ぶことが出来るエリアで、豊かな自然を体感できる散策路もあり。

国営備北丘陵公園 いこいの森
自然を活用した体験イベント・散策も

カブトムシドーム

夏になると公開される巨大虫かご「カブトムシドーム」。

国営備北丘陵公園 カブトムシドーム

ドーム内には小さな「クワガタハウス」もあり、間近で触れたり観察することができます。

国営備北丘陵公園 カブトムシドームとクワガタハウス

備北オートビレッジ

備北オートビレッジは、森や林に囲まれた、自然豊かなオートキャンプ場。中国地方では初めて、日本オートキャンプ協会(JAC)から最高峰の基準である五つ星の認定を受けたキャンプ場です。

管理センター

キャンプの受付となる「管理センター」では、キャンピング用品のレンタルや売店、救護室、ラウンジ、入浴施設など、オートキャンプをサポートする機能がそろっています。

国営備北丘陵公園 備北オートビレッジの管理センター

国営備北丘陵公園 備北オートビレッジの管理センター内

オートキャンプサイト

オートキャンプサイトには、以下のエリアがあります。

  • 1区画がゆったり100平米もある「一般カーサイト」が38区画
  • 駐車スペースや電源は無く安く利用できる「フリーサイト」が21区画
  • キャンピングカー用のスペース「キャンピングカーサイト」が13区画

備北オートビレッジ

コテージ(宿泊施設)

備北オートビレッジ内には見晴しのいい小さな丘があり、そこには北欧をイメージしたコテージが19棟点在しており、そのうち2棟はバリアフリー。コテージにはキッチンやお風呂・トイレ・ベット・冷蔵庫などが揃っています。

備北オートビレッジのコテージ

じゃぶじゃぶ池

備北オートビレッジの管理センター裏には「じゃぶじゃぶ池」あり。小さな子供の水遊び場であり、夏場は幼児用のプールとして利用されています。

国営備北丘陵公園15

このほか、オートビレッジ内にはキャンプファイヤーなどで利用できる「イベント広場」や、本格的なピザ作りが楽しめる「ピザ釜」などもあり。

国営備北丘陵公園の概要

庄原市 備北丘陵公園について

所在地 広島県庄原市三日市町4−10
開園時間 3月1日~6月30日 9:30~17:00
7月1日~8月31日 9:30~18:00
9月1日~10月31日 9:30~17:00
11月1日~11月22日 9:30~16:30
11月23日~12月25日 14:00~21:00
12月26日~2月末日 9:30~16:30
休園日 毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は火曜日)
年末年始(12月31日~1月1日)※例外日あり。HPにて確認を
入館料 大人(15才以上65才未満)450円/日
シルバー料金(満65才以上)210円/日(※敬老の日は無料)
幼児、小中学生は無料。
駐車場 あり(普通車は1日320円/庄原ふらりのみ利用の場合は第5駐車場が無料で利用可)
電話番号 備北公園管理センター 0824-72-7000
備北オートビレッジ 0824-72-8800
備考 周辺おでかけマップ周辺グルメ周辺スポット
関連

※なお、営業時間や施設内容など予告なく変更になる場合がありますので、必ず確認してからお出かけ下さい。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

2021.01.17 [writer]Haruka


広島スタンプ

このサイトをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

edit トップページへ戻る

関連ワード