忍者スタンプ

公開日:2018.06.16 Mika Itoh /最終更新日:2018.06.16

サメと泳ぐ、田中圭・田中哲司ら出演舞台が東京・福岡・広島など6カ所で

広島や福岡・東京・兵庫など舞台「サメと泳ぐ」が全国6カ所で上演される。欲望がうごめく映画界の裏側を、ブラックユーモア満載で描く。田中圭・田中哲司・野波麻帆ら出演。

舞台「サメと泳ぐ」が東京・宮城・兵庫・福岡・愛媛・広島で上演される。「サメで泳ぐ」は、映画「SWWIMING WITH SHARKS」(邦題は「ザ・プロデューサー」)を元にロンドンで舞台化された作品で、

日本では田中哲司、田中圭、野波麻帆、千葉哲也ら出演で今回初上演となる。

サメと泳ぐ、田中圭・田中哲司ら出演舞台が東京・福岡・広島など6カ所で

華やかにみえる映画界の裏側で起こる、権力闘争、夢を人質にとられて味わう不条理、ビジネスでの男女の駆け引き、創作表現と経済行為のせめぎ合い…など、

欲望がうごめく人間関係などをブラックユーモア満載に描き、人間の本質があぶりだされる。ストーリーは以下より。

ハリウッドの大物映画プロデューサー・バディ・アッカーマン(田中哲司)。人間としての評判は最悪だが、数々の作品をヒットさせ、彼のアシスタントは皆映画界で出世すると言われている。脚本家志望のガイ(田中圭)は成功を夢見てバディの元で働き始めた。痛烈な侮辱の言葉に耐えながら無理難題に対応する日々を送る中、新作を売り込みに来た映画プロデューサー・ドーン(野波麻帆)にガイは心を奪われ、やがて恋人関係になる。制作部門のトップへの昇進に命を賭けるバディは、映画会社会長のサイラス(千葉哲也)にアピールするため、ドーンの企画を利用しようと一計を案じてガイにある提案をもちかける。
信頼と懐疑心、名誉と屈辱、希望と失意、それぞれの思惑が入り乱れる中、ある晩、バディとガイの歯車が狂い始める――――。

舞台「サメと泳ぐ」の演出をつとめる千葉哲也も、映画会社・会長役として出演する。

舞台「サメと泳ぐ」公演スケジュール

「サメと泳ぐ」の公演が発表されているのは、以下の6会場。

東京公演
日程:9月1日~9日
会場:世田谷パブリックシアター

仙台公演
日程:9月11日
会場:電力ホール

兵庫公演
日程:9月14日~17日
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

福岡公演
日程:9月20日~21日
会場:ももちパレス

愛媛公演
日程:9月28日
会場:松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール

広島公演
日程:10月4日
会場:JMSアステールプラザ大ホール

U-25チケット(25歳以下対象)もあり。チケット手配は、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスなど各プレイガイドにて。

ads
LINEでこのページを送る
 

カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ