カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2021/05/21 伊藤 みさ │更新:2021/05/21

避難勧告は廃止へ、災害時の避難情報が見直し・改正になっています!ご注意を

災害に関する法律が見直され「避難勧告」は廃止。2021年5月20日より、新しい避難情報の運用が開始されています。警戒レベル4までに、危険な場所からは必ず避難を!

近年 豪雨災害などが増え、令和元年台風19号(東日本台風)等の災害を教訓に、災害対策基本法が令和3年に改正されました(5月10日公布、5月20日より施行)。

災害時の警戒レベル見直し・改正、避難に関し危機感を
画像はイメージ

これまで、“いつ避難するのか?” が分かりにくいという意見も多かった 避難勧告・避難指示が一本化(避難勧告は廃止)されるなど、避難情報が改訂されています。

警戒レベル4で避難を!

内閣府が案内するチラシによると【警戒レベル4】までに危険な場所からは必ず避難を行うこと。また【警戒レベル5】の時点では安全な避難ができず、命が危険な状況にあるとしています。

避難勧告は廃止、避難指示で避難を
新たな避難情報に関するポスター・チラシ / 内閣府

【警戒レベル5】は、災害発生 または切迫・命が危険な状態のときに発令されるもので、市町村が災害の状況を確実に把握できるものではない等の理由から、【警戒レベル5】は必ず発令される情報ではないとのこと。

このことから「警戒レベル4までに避難」することが呼びかけられています。

警戒レベル 住民がとるべき行動 行動を促す情報
レベル 5 命の危険 直ちに安全確保! 緊急安全確保
レベル 4 危険な場所から全員避難 避難指示
レベル 3 危険な場所から高齢者等は避難 高齢者等避難

※レベル1・2は、気象庁から発表される大雨・洪水・高潮などの「注意報」にあたる

気象状況には敏感に!早めの行動を

災害に関する注意報や警報はテレビ(データ放送)などのほか、気象庁HP、広島県では広島県防災Webといったポータルサイトが開設されています。また、お住まいの市町村のHPでも、エリアに沿った情報が得られることが多い。

見直された避難情報の運用が始まりました 広島県
見直された避難情報の運用が始まりました / 広島県

携帯電話・スマートフォンにはエリアメール(緊急速報メール)で避難情報が配信されますが、その時の気象状況の把握・事前の情報収集(ハザードマップの確認など)は、積極的に。

広島県では「空振りでも早めの行動をお願いします」と呼びかけられています。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

SNSをお気に入りに追加

facebookページ  公式twitter  友達に追加  Youtube

関連ワード