カープを熱烈応援 スタンプ

公開日:2018.09.23 Mika Itoh /最終更新日:2018.09.23

因島にHAKKOパーク、万田発酵 しまなみ海道のおもてなしスポット

万田発酵が因島の本社前に、発酵をテーマにした「HAKKOパーク」をオープン。公園内にはカフェやショップ・野菜畑や足湯などもあり誰でも利用可能。工場見学は1日5回実施する。

広島県尾道市・因島の万田発酵株式会社が、本社敷地内に「HAKKOパーク」を2018年8月19日にオープンしました。

因島にHAKKOパーク、万田発酵 しまなみ海道のおもてなしスポット

HAKKOパークは、発酵を学べるテーマパーク。

万田発酵の工場見学ができるほか、敷地内にはカフェや公園もあり、観光客やサイクリストなども気軽に立ち寄れる “しまなみおもてなしスポット”となっています。

万田発酵の「びっくりファーム」は「HAKKOパーク」へ!

万田発酵株式会社の本社前に誕生したHAKKOパーク(発酵パーク)。

リニューアル前には万田びっくりファームなどがあり、万田発酵が販売する健康食品「万田酵素」の生産工程を見られたり、植物用の万田酵素で育った農作物の畑を見学できる施設でした。

万田酵素の農場、万田びっくりファームを見学中
巨大なキャベツ / 万田びっくりファームにて

HAKKOパークでは、これらの内容を刷新!さらに、カフェやショップ・遊具などが併設された緑豊かなテーマパークに生まれ変わりました。

HAKKOパークの中、HAKKOゲート
パーク入口にある「HAKKOゲート」

HAKKOパークは、以下の3つのゾーンで構成されています。

  1. HAKKOゲート
  2. HAKKOホール
  3. HAKKOガーデン

カフェやギフトショップが入っている「HAKKOゲート」

HAKKOゲートは、HAKKOパークの入口にある建物。

カフェやギフトショップが入っている「HAKKOゲート」

入ってすぐ右手には案内カウンターがあり、ここでは工場見学への時間案内や、パーク内の案内・パンフレットを貰えます。

万田発酵の発酵パーク 入口にあるHAKKOゲート

HAKKOゲートの中は吹き抜けで開放的な空間になっており、

万田発酵の発酵パーク 入口にあるHAKKOゲート、中は吹き抜けに

奥には、カフェとショップが並び、

万田発酵の発酵パーク カフェ

建物外のウッドデッキにもテラス席が用意されています。

万田発酵の「HAKKOホール」と工場見学

万田発酵や発酵食品について学べるガイドツアーに参加すると、HAKKOホールで特別ムービーを鑑賞できる。

万田発酵 HAKKOホール
HAKKOホール

中は、シアタールームになっており、

HAKKOホールで万田発酵について学ぶ

数分の映像を見た後、万田酵素を樽で発酵・熟成させている様子を見ることが出来ます。

万田発酵 HAKKOホールには、発酵樽が並ぶ風景も

万田酵素を樽で発酵・熟成

さらに詳しく知りたい方は、次の「HAKKOミュージアム」へ。

世界の発酵食品や万田酵素について知れる「HAKKOミュージアム」

HAKKOミュージアムは、世界中の発酵食品のことから万田酵素のことまで学べる、研究資料などを含めた展示施設。

万田発酵のHAKKOミュージアム

中に入ると、所狭しとパネルや資料があり、発酵食品の持つパワーなどを分かりやすく解説してくれます。

HAKKOミュージアム、万田酵素の中身
万田酵素に入っているモノ

HAKKOミュージアム、万田酵素の香り

また、万田発酵はどんな食材で作られているのか?発酵・熟成する年数によって変わってくる香りも体験できる。

HAKKOガーデン 畑や動物・遊具や癒しのスペースも

HAKKOガーデンは、ゲートの正面にある緑豊かなエリア。

万田発酵 HAKKOガーデン

ここには、万田酵素を使って育てた野菜や果物が見られる畑や、

万田酵素で育った野菜畑

じゃぶじゃぶ池や、錦鯉が泳ぐ池、

HAKKOパークにある、じゃぶじゃぶ池
じゃぶじゃぶしている子供たち

万田酵素で育った花や動物(ヤギ)なども。

HAKKOパーク、万田発酵がしまなみ海道のおもてなしスポットオープン
HAKKOゲートとHAKKOガーデン

万田酵素で育った花や動物(ヤギ)

さらに、子供が遊べる遊具が設置された「キッズ広場」もあり。

因島 万田発酵のHAKKOパークに、遊具のあるキッズ広場

海を見渡せる足湯スポットも

HAKKOガーデンを一番奥まで歩いて行くと、海に面した芝生広場があります。ここには、ウッドデッキがあったり、

因島のHAKKOガーデン、海が見渡せる芝生広場

無料で利用可能な足湯も用意されており、

因島のHAKKOガーデン、海が見渡せる足湯

なんと、足湯の利用後に使うタオルまで置かれています。タオルを忘れて来た人でも、足湯で歩き疲れた足を癒しながら、綺麗な海を眺められます。

因島のHAKKOガーデン、海が見渡せる足湯 タオルもあり

園内はかなり広く、ガーデンや工場見学も充実しています。駐車場も完備されており、こちらも利用は無料のため気軽に立寄ってみては。

HAKKOパーク
住所 広島県尾道市因島重井町5800-95 (万田発酵株式会社 本社敷地内)
時間 10時~17時
問合せ 0845-24-3555
休園日 年末年始のみ
工場見学 「HAKKOパークガイドツアー」は1日5回(11時・13時・14時・15時・16時)
申込はゲート内カウンターで開始10分前まで
駐車場 あり、無料
備考 尾道グルメ / 尾道スポット / 周辺おでかけマップ

※内容は執筆時のもの。確認してお出かけ下さい。

ads
LINEでこのページを送る
 

忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ