忍者スタンプ

公開日:2018.07.04 伊藤 みさ /最終更新日:2018.07.04

HAKKOパーク、万田発酵がしまなみ海道のおもてなしスポットオープン

万田発酵が自社製品を楽しみながら・癒されながら知ってもらおうと、HAKKOパークをオープン。カフェやアスレチック、ギフトショップも用意し、観光客やサイクリストにもうれしい因島の新スポットが誕生です

HAKKOパーク というテーマパークを、万田発酵株式会社が2018年7月21日に因島(広島県尾道市)にオープンさせます。

HAKKOパーク、万田発酵がしまなみ海道のおもてなしスポットオープン
画像はHAKKOゲートとHAKKOガーデン

HAKKOパークとは「発酵」を学べるテーマパーク。

シアターを要するHAKKOホールでの万田酵素の製造・見学に加え、観光客やサイクリストも気軽に立ち寄れるカフェ、ガーデン、足湯、ギフトショップなども設置!入場無料の “しまなみおもてなしスポット”誕生です!

万田びっくりファーム から、HAKKOパークへ

HAKKOパークは、因島にある万田発酵株式会社の本社前に誕生するスポット。

万田発酵本社ではこれまで、ここに訪れる人を無料で 工場見学・万田びっくりファーム!の案内をしていました。

健康食品「万田酵素」の生産工程を見られたり、植物用の万田酵素で育った農作物を見学できるもので、その利用者数は年々増加していたそう。

万田酵素の農場、万田びっくりファームを見学中
驚きの大きさ!で育ったキャベツ / 万田びっくりファーム!にて

そしてこの度、新オープンとなるのが「HAKKOパーク」。びっくりファーム(畑)があった場所を全面刷新し、以下3つのゾーンから成るスポットへ。

1. HAKKOゲート
2. HAKKOホール
3. HAKKOガーデン

以下ではその詳細をご紹介。

HAKKOゲート 解放感ある入口でお出迎え

ガラス張りの開放的な空間(レセプション)で訪れる人をお迎え。

HAKKOパークの中、HAKKOゲート
HAKKOゲート

ここを抜けると、ギフトショップやテラス、緑を眺めるカフェが。

観光やドライブ、サイクリングの途中に立ち寄りやすいよう、多めのトイレや授乳室も用意される。

HAKKOホール シアターもある見学施設

万田発酵の製造と見学に加え、シアターを融合。シアターで発酵と万田酵素について学び、発酵・熟成中の万田酵素を見学することができる。

建築面積:673.46㎡
延床面積:604.26㎡
階数:地上1階

HAKKOガーデン 癒しとふれあいのスペース

段々畑や花畑が広がるガーデンには、ヤギも居る動物広場や錦鯉の池も設置。

さらに、子供が遊べる「じゃぶじゃぶ池」「アスレチック」ほか、「海のウッドデッキ(全長45m)」や足湯も!

HAKKOパークの中、HAKKOガーデン「ウッドデッキ」
ウッドデッキ

“万田酵素” が食品以外にも植物用・畜産用・水産用・ペット用など多岐にわたっていることを楽しみ・癒されながら知ることができる場所となっています。

HAKKOパーク(広島県尾道市因島重井町5800-95)は、2018年7月21日(土)グランドオープン。営業時間は10時~17時(年末年始休)、入園料は無料となっています。

ads
LINEでこのページを送る
 

カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 尾道市 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ