忍者スタンプ

公開日:2018.09.01 Mika Itoh /最終更新日:2018.09.01

サンチェリー・あいプラザ・小田島公園など、廿日市市が公共施設の命名権 公募へ

廿日市市は、サンチェリー・あいプラザ、グリーンフィールドなど7つの公共施設に、ネーミングライツを導入すると発表。公募の申込受付は2018年9月20日まで。

広島県廿日市市は、公共施設のネーミングライツを導入すると発表した。

ネーミングライツとは、施設の運用資金調達などのために、スポンサー企業名や商品(ブランド)名などを施設の名称に付与できる権利「命名権」を売却すること。

サンチェリー・あいプラザ・小田島公園など、廿日市市が公共施設の命名権 公募へ

廿日市市がネーミングライツを導入するのは初めてで、安定的な財源確保による継続運営と、市民サービスの向上、地元企業へ貢献機会の提供などが目的。

はつかいち文化ホール(さくらぴあ)と、廿日市クリーンセンターは対象から除外。ネーミングライツを募集する施設は、以下の7つとなっています。

  1. 廿日市市スポーツセンター(サンチェリー)
  2. 廿日市市総合健康福祉センター(あいプラザ)
  3. 廿日市市サッカー場 (グリーンフィールド)
  4. 廿日市市パークゴルフ場
  5. 佐伯総合スポーツ公園
  6. 小田島公園
  7. 廿日市市さいき文化センター

サンチェリーやグリーンフィールドなど、すでに愛称が付いている施設は、新名称に愛称を付け加える形になるとみられます。ネーミングライツへの参加できる企業の条件は、パートナーとしてふさわしい資力・信用を備えた団体であること。

公募開始は2018年8月20日で、質疑の受付は9月6日まで、参加申込書の提出期限は9月20日まで。参加に関する詳細は、廿日市市分権政策部行政経営改革推進課(0829-30-9127)へお問い合わせを。

LINEでこのページを送る
 

カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ