カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.02.01 Mika Itoh /最終更新日:2019.02.01

宮島・海の中に立つ石灯篭「聖崎灯台」

広島からの高速船に乗って宮島に向かうと見える、海の中にポツンと立つ姿が不思議な石灯篭。古くからある灯篭型の灯台で聖崎灯台(ひじりざきとうだい)と呼ばれるものでした。

宮島の観光エリアからは少し離れた島の北側に、海の中にポツンと立っている石灯篭があります。

宮島・海の中に立つ石灯篭「聖崎灯台」
宮島の沖合に、ポツンと浮かぶように立つ灯篭

なぜ海の中に灯篭が…?と以前から気になっていたのですが、この石灯篭は「聖崎灯台(ひじりざきとうだい)」と言うもので、古くからある灯篭型の灯台なのだとか。

宮島 海に浮かぶ灯篭型灯台「聖崎灯台」
後ろに見える島が、宮島

宮島フェリーからは見えない位置にありますが、マリーナホップから宮島に向かう高速船や、瀬戸内海クルーズシップ「銀河」などからは見ることが出来ます。

聖崎灯台、現在は太陽光発電になっていた

クルーズシップ 銀河のホームページでは、聖崎灯台について以下のように解説されています。

聖崎灯台とは
宮島の北端にある聖崎灯台は海中に建つ古い灯篭型灯台です。対岸地御前の人によって毎日点灯されていました(1844年建立)。現在は外観はそのままに、太陽光発電になっています。 銀河HP

現在は太陽光発電なのですね!昼間しか見たことがなかったのですが、どうやら夜は今でも明かりが灯るようです。

ダイヤモンド・プリンセスと聖崎灯台
豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」と聖崎灯台

聖崎灯台のそばに蓬莱島(蓬莱岩)も

ちなみに、聖崎灯台のすぐそばには蓬莱島(ほうらいじま)や蓬莱岩(ほうらいいわ)と呼ばれている小さな岩山があるのですが、

宮島、聖崎灯台のそばに蓬莱島(蓬莱岩)

クルーズシップ「銀河」によると、この蓬莱島はもともと、宮島の北にある聖崎(ひじりざき)という岬の一部だったようです。その岬の先端が崩落したことによって、満潮時になると島のように見えるのだそうですよ。

また、春先になると蓬莱岩の周りに蜃気楼が現れて、幻想的な雰囲気になると宮島観光協会のHPでも案内されています。

銀河を利用する際や、マリーナホップ桟橋などから高速船を使って宮島に渡る時には、ぜひ海に浮かぶ灯篭型灯台「聖崎灯台」と「蓬莱岩」をチェックしてみてください。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 廿日市市 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ