カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2020/04/11 伊藤 みさ │更新:2020/04/11

大林宣彦監督が死去、故郷・尾道舞台「海辺の映画館」が遺作に

尾道市出身の映画監督・大林宣彦氏が2020年4月10日に死去。82歳。尾道三部作 で知られる大林監督の最新作「海辺の映画館-キネマの玉手箱」の公開予定日(当初)は奇しくも同日だった

広島県尾道市出身で、故郷を舞台に撮った「転校生(1982)」「時をかける少女(1983)」「さびしんぼう(1985)」の “尾道三部作” で知られる、

映画監督の大林宣彦氏が2020年4月10日、肺がんで亡くなられました。82歳でした。

尾道三部作 大林宣彦監督が死去、「海辺の映画館」遺作に
“尾道三部作” と呼ばれた作品たち。左から 時をかける少女 / 転校生 / さびしんぼう

大林宣彦 監督は、2016年8月に肺がんと診断され。その後も作品をつくり続けており、転移を繰り返すがんと闘いながら、自らの命を削り 最新作「海辺の映画館-キネマの玉手箱」を完成。

海辺の映画館-キネマの玉手箱は、大林監督が亡くなられた4月10日に公開予定となっていましたが、新型コロナウイルスの影響を受け公開延期に。(変更後の公開日は決まり次第映画HPなので告知される)


“平和への想い”に賛同し、豪華キャストが集結。20年ぶりに故郷・尾道を舞台にした作品が撮られ、地元でもその公開を楽しみに待たれていました。

ご冥福を心からお祈りいたします。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島県出身の有名人 』の一覧

ads

ページ上部へ