カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2020/04/11 伊藤 みさ │更新:2020/04/11

広島ホテル、コロナでショートステイや臨時休業など内容に変化

テレワーク、リモートワークに対応するプランの発売や、新型コロナへの感染防止のための臨時休業など、広島県内のホテル・旅館において営業内容に変化があらわれています。

広島でも新型コロナウイルスの感染者の増加があり、外出自粛要請商業施設の臨時休業などが相次ぐなか

宿泊施設の営業にも変化が出ています。

広島ホテル、コロナでショートステイや臨時休業など内容に変化

広島市中区、市街地にあるリーガロイヤルホテル広島は、

テレワーク・リモートワークの導入が推進されていることから、客室を仕事場として利用できる「テレワーク応援デイユースプラン」を発売。

テレワーク応援デイユースプラン リーガロイヤルホテル広島

宿泊ではなく、最大10時間の日帰りプラン。仕事とプライベートとの切り替えが難しい・仕事に集中できない、といったテレワークの悩みを回避。さらに個人向けのほか、法人向けフロア貸し切りなどにも対応。

このほか、広島市内ではアパホテル広島駅前大橋などでテレワーク応援プランがあり。

市街地から少し離れた海辺の「グランドプリンスホテル広島」では、館内温泉施設の利用・ランチデリバリーが付いたショートステイプラン(最大6時間)を発売。

一方、観光地である廿日市市宮島では「錦水館」では臨時休館日を設定/尾道市内の ONOMICHI U2、m3ホテルなども期間を定め臨時休館/竹原市にオープンした ニッポニアホテル竹原製塩町 では臨時休館日を設定

このほか、レストランの営業時間を変更・料理の提供方法を変更など様々な対策が取られているようです。

※営業内容が異なる施設をピックアップしているもので、通常営業を行っているホテルなどもあります。詳しくは各施設へお問い合わせください。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ