カープを熱烈応援 スタンプ

   公開:2020/07/26 伊藤 みさ │更新:2020/07/26

広島で「ハナビリウム」プラネタリウムで花火に360度包まれる新体験

2020年7月18日から広島市こども文化科学館にて「ハナビリウム」が上映されます。プラネタリウムで見る特別な映像で物語を紡ぎだします。

「ハナビリウム~花火って、なんであるの?」が、5-Daysこども文化科学館(広島市中区)の4Fプラネタリウムにて2020年7月18日より上映スタートした。

ハナビリウムは、プラネタリウムで見る花火の物語。

広島で「ハナビリウム」プラネタリウムで花火に360度包まれる新体験
photo /「ハナビリウム」ホームページ

花火師以外は決して入れない位置にカメラを設置。花火の真下からの見上げた実写映像が、プラネタリウムで鑑賞できます。

360度全方位から5000発の花火が打ちあがる特別な花火。

日本各地で開催され、多くの人に愛される「花火」ですが、「なぜはじまった?」「どうして夏の風物詩?」など知らないことも多いもの。

400年以上にわたって花火に込められてきた技術や歴史、物語を紐解く作品。

▼あらすじ
花火のこども・ヒバナは今日も学校をさぼって森の中。そこで出会ったのは、不思議なけむりのおじいさん。色とりどりの花火のしくみや知られざる歴史、そしておじいさんの正体とは?まるで星空のように360度ぐるりと花火に包まれる、初めてのプラネタリウム体験へようこそ!

5-Daysこども文化科学館4Fプラネタリウムでの『ハナビリウム~花火って、なんであるの?』の上映は、2020年7月18日~2021年1月17日(休館日を除く)まで。

8月30日までは毎日11時から上映し、9月1日以降は時間は同じで土日祝日のみ上映となります。料金は大人510円/高校生・シニア250円/幼児・小中学生無料。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧

ads

ページ上部へ