公開:2022/06/19 伊藤 みさ │更新:2022/06/19

広島八丁堀にダイソー新業態「スタンダードプロダクツ」オープン、中四国初

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島市 中区 スポット 観光

スタンダードプロダクツ と スリーピー、大創産業の新たな2つのブランドが2022年6月30日に併設店舗として広島八丁堀にオープンします。スタンダードプロダクツは中四国初出店。

大創産業は2022年6月30日、広島県広島市中区八丁堀に2階建ての新店舗
スタンダードプロダクツ バイ ダイソー(Standard Products by DAISO)とスリーピー(THREEPPY)の併設店舗をオープンします。

場所は相生通り沿いで東急ハンズ広島店の隣で、スタンダードプロダクツ最大坪数で初の2階建て。

ダイソー新業態 スタンダードプロダクツが広島八丁堀にオープン、中四国初
Standard Products 広島八丁堀店 店舗イメージ

スタンダードプロダクツ は、2021年3月に渋谷に1号店がオープンした大創産業の新業態。「ちょっといいのが、ずっといい」をコンセプトに、

環境やライフスタイルの変化に伴い “良質で心地いい製品を長く使いたい” というニーズの高まりに応え、ベーシックで洗練されたデザインに特化した生活雑貨を揃える。

アイテムの価格帯の中心は300円だが、ダイソーが展開する300円ショップ・THREEPPY(スリーピー)とは異なるアプローチで市場拡大を目指す。

熊野筆とのコラボアイテム、全国に先駆け広島八丁堀店にて発売

スタンダードプロダクツは環境に配慮した製品開発や国内産業とのコラボにも力を入れており、大創産業の地元・広島の地域産業である熊野の毛筆の製法を活かしたメイクブラシを、広島八丁堀店で全国に先駆けて発売。

スタンダードプロダクツ 熊野筆とのコラボ商品

環境配慮の観点から、毛にはペットボトルを原料とした再生ポリエステル繊維を使用しているとのこと。(こちらの価格は税込み770円~1100円)

さらに、愛知県瀬戸市で作る瀬戸焼の豆皿も同時発売。

広島八丁堀に スタンダードプロダクツ、瀬戸焼の豆皿など300円で洗練された生活雑貨を
愛知県「瀬戸焼」

スタンダードプロダクツ広島八丁堀店は国内外で通算9店舗目で、中四国エリアでは初出店。

リブランディングしたスリーピー(THREEPPY)と同時出店

同ビルの2階には、大創産業の300円ショップブランド「スリーピー」が出店。

THREEPPY 広島八丁堀店 店舗イメージ
THREEPPY 広島八丁堀店 店舗イメージ

スリーピー(THREEPPY)は2018年に立ち上げた新ブランド。当初はカワイイ商品やキャラクター商品をメインに取り扱われていましたが、創業50周年の節目である2022年に新たなコンセプト「あいらしい。そして私らしい。」を掲げ、リブランディングしています。

THREEPPY商品イメージ
THREEPPY商品イメージ

グレーやピンク、ミントなどのくすみカラー(トレンドカラー)を取り入れたインテリア、食器、ファッション雑貨などを扱う。広島八丁堀の新店舗は、大創産業の2つの新たなブランドを融合させ、消費者の様々なニーズに応える店舗へ。

Standard Products広島八丁堀店 / THREEPPY広島八丁堀店 は2022年6月30日10時よりオープン。

▼住所:広島県広島市中区八丁堀16-3
(1階:スタンダードプロダクツ/2階:スリーピー)
営業時間:10時~21時
休業日:なし

LINEでこのページを送る
   

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際はご確認ください。



カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧