公開:2022/06/22 Mika Itoh │更新:2022/06/22

新館は2023年 閉店へ、紙屋町のシンボル「そごう広島店」20年ぶり全館リニューアル

  •  
  • シェアする
  • LINEで送る
  • 広島市 中区 スポット 観光

そごう広島店の新館が2023年夏で閉館することが決まった。そごう広島店の本館は間もなく50周年を迎える。この節目を前に、2023年秋の全館リニューアルを目指し改装が行われていく予定。

そごう広島店(広島市中区基町)は「新館」を2023年夏に営業終了させ、閉館することを明らかにしました。

新館は2023年 閉店へ、紙屋町のシンボル「そごう広島店」20年ぶり全館リニューアル

そごう広島店は1974年10月10日、広島センター街と同時に開業。新館はそれから20年後の1994年、本館の北隣にオープン。2024年には そごう広島店が節目となる50周年を迎えます。

閉館が決まった、そごう広島店 新館
閉館が決まった、そごう広島店 新館

これを前に、目まぐるしく変化している基町・紙屋町エリアでより愛され続ける商業施設であるために、そごう広島店は全館リニューアルを実施する。

今回のリニューアルでは、本館1F・2Fを増床。アクア広島センター街側まで広げて「ビューティー」と「ラグジュアリー」ゾーンを充実させる。また、広島初登場の食品ブランドを誘致する予定となっており、デパ地下の雰囲気も変わりそう。

そごう広島店の本館と新館は隣接しているものの、1Fで移動する際に一度外に出る必要があった。リニューアル後は回遊性も向上させ、新たな都市型商業施設へ生まれ変わる。

LINEでこのページを送る
   

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際はご確認ください。



カープを熱烈応援 スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 広島市 中区 スポット 観光 』の一覧