カープを熱烈応援 スタンプ

  公開日:2019.12.16 伊藤 みさ /最終更新日:2019.12.12

ウイスキー検定、広島で初開催

2020年2月にウイスキー検定が実施されます。今回は4都市で行われ、広島は初開催。ウイスキーをもっと知り、もっと楽しむための知識を問う試験にトライ

第10回ウイスキー検定が2020年2月9日、東京・名古屋・大阪・広島にて開催されます。

ウイスキー検定、広島で初開催

ウイスキー検定とは、ウイスキーの世界をより楽しむための検定試験。

ウイスキーを飲み始めたばかりのビギナーから、長年愛飲している愛好家まで幅広い層を対象としており、初級・中級・上級のほかに、専門的なジャンルを極める検定があります。

ウイスキー検定は2014年12月にスタート。これまで東京・名古屋・大阪・福岡・札幌などで開催しており、今回で10回目。広島は今回が初開催となります。

ウイスキー検定 広島会場の試験概要

今回のウイスキー検定では6種類のレベルの試験が用意されています。

レベル 問題形式 受験料
3級 スコッチを中心に出題。「ウイスキー検定公式テキスト」を学習・理解すれば合格可能。ウイスキーの基礎知識を持つ方を対象とした初級レベル。 マークシート4択 4000円
2級 「ウイスキー検定公式テキスト」を中心に出題。ウイスキーの文化や歴史、製法を理解し、ウイスキー通になりたい方を対象とした中級レベル。 マークシート4択 5000円
1級 「ウイスキー検定公式テキスト」などから出題。ウイスキーの文化や歴史、製法、最新情報などなどを深く理解した方を対象とした上級レベル。 マークシート5択+記述 6000円
IW級 「ウイスキー検定公式テキスト」などから出題。アイリッシュウイスキーの文化や歴史、製法や時事問題などを理解し、アイリッシュ通になりたい方を対象とした中級レベル。 マークシート5択 3000円
BW級 「ウイスキー検定公式テキスト」などから出題。バーボンの文化や歴史、製法や時事問題などを理解し、バーボン通になりたい方を対象とした中級レベル。 マークシート5択 3000円
SM級 「ウイスキー検定公式テキスト」などから出題。世界中のシングルモルトウイスキーについて、文化や歴史、製法などを深く理解した方を対象とした上級レベル。 マークシート5択 6000円

2種類以上の級を併願する場合は、受験料が10%OFFになるとのこと(※受験料はいずれも税抜価格)。合格者には認定書が授与される。

広島の受験会場は広島大学 東千田キャンパス(広島県広島市中区東千田町1丁目1−89)で申込締め切りは、コンビニ払いが2019年12月26日まで、クレジットカード決済の場合は2020年1月14日まで。

詳細は、ウイスキー検定HPでご確認ください。

※当サイトの掲載内容は、執筆時点(公開日)または取材時点の情報に基づいています。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

LINEでこのページを送る
 


忍者スタンプ

あわせて読みたい

edit 『 一般ニュース 』の一覧

ads

ページ上部へ